週刊少年ジャンプ2019年3月4日(月)発売 14号
に掲載された

【鬼滅の刃】最新話の148話のネタバレを紹介します。

 

鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





鬼滅の刃【148話】ネタバレ最新話

 

鬼滅の刃【15巻】発売日!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

鬼滅の刃ネタバレ!

 

148話「ぶつかる」

148話は、水の柱 義勇、炭治郎と上弦の参の鬼アカザの死戦が開幕した場面から始まる。最初に動いたのは義勇である。

 

「水の呼吸 参ノ型 流流舞」部屋中を超高速で水のように流れる動きでアカザに攻撃をくりだした。

 

しかし、アカザにはまだまだ余裕が見える。義勇の技を見たアカザは技のキレや威力を見て義勇が水の柱と気づいたらしい。

 

「これは良い、遭遇したのは五十年ぶりだ」。現水の柱の義勇を挑発するためか思い出を懐かしむ余裕があるのか、どちらにせよ五十年以前の時点で水の柱を倒せる実力は持っていることが先の発言からわかるだろう。

 

「破壊殺・乱式」アカザの高速乱打が義勇を襲う。

 

「水の呼吸 拾壱ノ型 凪」アカザの破壊殺・乱式が義勇の周りに着弾した。おそらく水の呼吸 拾壱ノ型 凪は相手の攻撃を去なす技なのであろう。アカザも初見の技らしく、楽しい戦いができるであろう期待感を高めている。

 

 

義勇との戦いに夢中のアカザに炭治郎が襲いかかる。「ヒノカミ神楽 烈日 紅鏡」輪を描くような軌道でアカザを捉えたかのように思われた。

 

しかし、炭治郎がアカザに斬りかかったその刹那アカザはすでに炭治郎の後ろに位置を取っていた。恐るべき速度である。アカザの手刀が炭治郎の首のすぐそこまで迫っている。

 

「ヒノカミ神楽 幻日・・・」炭治郎に手刀が届くその瞬間アカザの腕が吹っ飛んだ。

 



 

「水の呼吸 弐の型 水車」義勇の技で炭治郎の命が救われた。おそらく炭治郎の技は間に合わなかった。

 

安堵の間も無く、アカザの吹っ飛んだ腕はビチッという音とともにアカザの肩に戻った。義勇もそのくらいは想定の範囲内というかのごとく、またすぐにアカザに斬りかかる。

 

炭治郎もそれに続く。

 

「ヒノカミ神楽 炎舞・・・」丹次郎の足首を狙う攻撃がアカザに届くかと思われた、その瞬間、攻撃を待っていたかのようにアカザのカウンターが炸裂する。

 

「破壊殺 脚式 冠先割」炭治郎の攻撃を避けたアカザの足が炭治郎をしたから蹴り上げた。炭治郎もなんとかこの攻撃を刀で受け止める。

 

しかし、アカザの攻撃が少しかすっていたようだ。かすった傷口から大量の血が吹き出す。アカザの攻撃はとてつもなく鋭いようだ。

 

アカザが丹次郎の成長ぶりを褒める。短期間でよく成長したと。杏寿郎は良い仕事をしたと。杏寿郎はあの夜死んで良かったと。

 

この侮辱に対し炭治郎の怒りが頂点に達した。

 

「俺はお前の考えを許さない」炭治郎の発言にアカザがピクッと反応する。

 

鬼滅の刃【15巻】発売日!

鬼滅の刃 最新話のネタバレ感想と次回

因縁の相手、アカザとの死闘は読書の誰もが待ち望んだ戦いであろう。だが、戦いのスピードに炭治郎はついていけていないようだ。

 

まだ柱のレベルには達していたのであろうことが読み取れる。戦いを求め続けるアカザもまたレベルを上げていたのだろう。

 

そのアカザに対応できている義勇の凄まじい強さが今までの歴代の水の柱の中でも随一であろうことを暗に物語っている。

 

 

そんなことを思わせてくれるほど冒頭から激しい戦いが終始続き、目紛しいスピードで場面が移り変わる。リズミカルで次から次にページをめくってしまう。

超トップレベルのこと戦いに興奮が冷めやらぬまま次話を期待させる展開の1話でした。

 

鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら