ビッグコミックオリジナルに連載中の「風の大地」

699話のネタバレを紹介します。

2019年9月20日発売に発売された第19号に掲載されました。

 

 

『風の大地』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





風の大地【699話】最新話のネタバレ

 

風の大地【698話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

699話「あの日の目」

 

沖田はティーグラウンドに立ち、遠くを見る目で立っていた。

 

周りは沖田がクラブ選択で迷っていることを察した。

沖田にしては珍しいことである。

 

 

何か空気やそのほかの違和感を感じたのであろう。沖田は岐路に立った時に、昔宇賀神に教えてもらった言葉を思い出す。

 

 

宇賀神がごちそうしてくれたステーキサンドを食べながら、話してくれた言葉だった。どうしていいかわからなくなったときは、誰かの模倣をせよと言っていた。

 

 

ゴルフには模倣進化という言葉があるそうだ。

 

 

模倣は恥ずかしいことでも、屈辱でもない。

 

 

模倣できる才能を持てる者がゴルフのプロになるのだ。

 

 

その教えが宇賀神の最後の教えになった

。沖田がプロテストに合格したという、知らせを聞かずに宇賀神は逝ってしまった。その教えをかみしめながら、沖田はドライバーで打つことを決意した。

 

 

ほんの少しの空気の重さを感じたときから、沖田は珍しく予期不安を感じた。

 



 

 

そして宇賀神の教えに従って、リック・スチュアートの模倣をすることを決意したのだ。

 

 

スチュアートの球筋をまねるといっても、一般的にはドローボールは蛮勇の球と言われる。

 

 

スチュアートの球筋はそのドロー以上に、フックどころかドフックの球を打とうというのだ。

 

コースを知り尽くしたものでないと打てないような異次元のフックなのだ。

 

スチュアートとそのキャディは、もしかすると沖田が空気の変化を感じたのかと訝しんだ。まさか沖田がそのような変化を読める、もしくは感じられるはずがないのだ。

 

 

二人が何十年もかけてやっと会得した感覚なのだ。沖田の打った球筋を見て、スチュアートは思った。

 

右へのブッシュアウトだ。いやそれ以上に右に出すぎており、フェアウエーには戻ってこないだろうと感じた。球はスチュアートより高く、そして右に飛んで行った。

 

 

そしてその遠くて高い位置で、左へ曲がり始めた。

 

スチュアートとそのキャディは、沖田がこの時間の湿度と地表の変化を感じた結果、今の球を打ったことを認めた。

 

そして普通のゴルファーではないことを認め、改めて気を引き締めた。

『風の大地』などビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

風の大地の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

風の大地 ネタバレ!最新話699話の感想

風の大地【76巻】発売日はいつ?

 

沖田はリック・スチュアートのように、何十年もかけた経験からではなく、多分生まれ持った感で気温や湿度の変化を、体で感じていた。スチュアートの経験によれば、その変化に対応するには、ティーショットをドローボール系で打つしかなかった。

 

そして見事に、誰もが驚くようなフックボールを打った。大きく右に出たが、そこから戻りフェアウエーに落ちるだろう。

しかも、フックボールの特徴から、転がり続け、ランで距離も稼ぐだろう。スチュアートの飛距離を上回ることは間違いがない。さあ、面白い戦いになりそうだ。

 

風の大地の立ち読みは・・・こちら