週刊少年ジャンプで連載中の『火ノ丸相撲
2019年6月10日発売、最新の28号の第244話のネタバレ

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『火ノ丸相撲』を読んでみる

 

弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸! 「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が!? 頂点・横綱を目指す──ド白熱高校相撲、開幕!!

 

火ノ丸相撲【26巻】発売日はいつ?!

 

スポンサーリンク





火ノ丸相撲【244話】最新話ネタバレ!

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

244話「刃皇と国宝世代」

 

草薙は刃皇に押されて態勢を崩しています。

これが…史上最強の横綱の底力…!!

 

 

観客席から強過ぎる、という言葉が漏れます。

 

この一番に勝てば刃皇にとって最後の土俵。

「届かなかった…完敗だ…」草薙は諦めています。

 

 

しかし、走馬灯のように記憶が蘇ってきました。

「おう、勝てよ!!」土俵に入る前、火ノ丸に声をかけられます。

 

 

それだけではありません。

 

三日月、大典田、大包平に童子切。

 

「お前が最後の砦なんや…頼むで…大将!」草薙は託されていました。

 

「まるで…団体戦みたい…」

次の瞬間、草薙は刃皇の足を絡めとります。

 

 

それは、理想とする大和国の相撲とは程遠い悪足掻き。

「理想より美学より…今は勝って繋ぐ!!」粘る草薙に怒りをあらわにする刃皇。

 

「大和国はそんなことしねぇ〜!!親父のように潔く散れぇえ!!」

 

 

そのまま草薙は土俵の上に叩きつけられました。

静まり返る会場に、行司の声が響きます。

 

 

「…勝負あり!!刃皇の優勝…」

「待って下さいな!見えとったんは…俺だけか?」

 

土俵の横にいた童子切が手を挙げ、物言いをしました。

 



 

それは行司の下した判定に異議を申し立てること。

 

協議に参加できるのは審判委員のみですが、控え力士にも物言いをつける権利があります。

 

「あんたも分かっとるちゃうか、横綱」刃皇にそう話す童子切。

 

そして審判委員から結果が告げられます。

 

「協議の結果…行司軍配差し違えで草薙の勝ちと致します」草薙が土俵に倒れる前に、刃皇の足の先が土俵の外に触れていたのです。

 

 

「優勝決定戦だぁー!!」大きく盛り上がる会場。

横綱が負けたことで、

2敗の力士が4人、大包平、冴ノ山、鬼丸、そして刃皇となりました。

 

勝敗が並んだ場合は優勝決定戦となり、

さらな複数の場合はトーナメントとなります。

 

4人の抽選によって対戦相手が確定します。

 

抽選の結果が会場にアナウンスされました。

「これは…何と…柴木山部屋と朝陽川部屋のダブル同部屋対決です!」まずは鬼丸と冴ノ山、刃皇と大包平が戦うこととなります。

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

火ノ丸相撲【244話】最新話のネタバレ感想

 

草薙と刃皇こ決着は少し物足りない気がしましたが、この後の優勝決定戦で盛り上げてくれると思います。

優勝決定戦のトーナメントは予想通りの組み合わせとなりました。何故なら、本場所では通常同部屋が対戦する事はありません。

 

しかし、優勝決定戦では公平な状態で抽選を行うため、同部屋の力士が当たることがあるようです。稽古で何回も取り組みを行って来た同部屋の相手ですが、今まで土俵の上で戦うのは初めてのことです。

どのように決着をつけるのか楽しみです。