ビッグコミックスで連載中の『しょうもない僕らの恋愛論』

最新話20話のネタバレを紹介します。

 

10月25日発売の第21号に掲載されました。

 


『しょうもない僕らの恋愛論』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





しょうもない僕らの恋愛論【20話】ネタバレ

 

18話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

20話「ずるいよ拓郎…」

 

運転をしながら、絵里ははしゃいでいる。

 

なんといっても、今日は拓郎と二人で初めての温泉への一泊旅行だ。急な話だったので、ダメもとで電話したら宿が取れ、天気予報は雨だったのに外れて晴天だ。

 

 

すべてがついていて、はしゃがない方がおかしい。

 

 

 

一方、拓郎は何か考え込んでいる。この前くるみと会ったときに、絵里とつき合っているのかと聞かれ、つき合っていると答えた。

 

 

その時のくるみの反応は、涙をぽろぽろ流しながら、引き留める拓郎の腕を振り払って帰ってしまった。その時のくるみの顔が忘れられないのだ。

 

 

もしかしてくるみは拓郎のことを好きなのか?

 

いやそんなはずはない!

 

くるみは拓郎の昔の恋人の娘で、歳もかなり離れている。

 

 

絶対そんなはずがないのだ。絵里と立ち寄った公園でも、ついついくるみに似た女性の姿を見てしまう。

 

 

食事をしていても気になって仕方がなく、絵里との話も上の空だった。せっかくの楽しい旅行なのに、拓郎はほかのことばかり考えている。

 

 

料理のおいしいことを伝えても「うん」とか「あぁ」とかばかりで会話が弾まない。

 

 

とうとう絵里が切れてしまった。絵里は一人で椅子をけって「もう、いい!!」と部屋に帰ってしまった。絵里も悲しい。

 

 

せっかく楽しみにしていた温泉旅行なのに、拓路は心ここにあらずだ。

 



 

 

一人で温泉に入っていても、心がふさぎ、涙が出てくる。私はこんなに楽しみにしていたのに、拓郎は私と居ても楽しくないのだろうか?部屋に帰ってみると、真っ暗で、しかも拓郎がいない。

 

 

突然後ろから抱きしめられた。

 

 

拓郎だ!ごめん絵里と、拓路は謝る。

 

 

何度も謝るが、いまさら遅い!!

 

 

いきなり、唇を求められた。私は怒っているのだ

 

 

。そんな気分じゃない。

 

 

でも…、ずるい拓郎!!

 

 

翌朝、予定していたトリックアート美術館に行った。

 

 

面白かった!!拓郎は仕事に関係もあり、熱心に見ていた。今日は東京へ帰る日だ。本当はもう一泊したかった。一泊だけでは、物足りない。

 

これから年末にかけては、お互いに忙しくなり、なかなか会えない日もある。予定を合わせるのも大変だ。そんなことを考えていると、突然拓郎が言い出した。

 

一緒に住まないか!?

 

えっ!!

『しょうもない僕らの恋愛論』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


しょうもない僕らの恋愛論【20話】ネタバレの感想

 

拓郎はずっとくるみのことが気になっていた。絵里とつき合っていることを伝えただけなのに、なぜあんなに泣いたのかがわからない。

 

拓郎は鈍感だと言われているが、それでも、もしかすると、と考えた。もし、くるみが拓郎のことを好きだと思ってくれているなら、どうすればよいのだろう。

 

次に会う時に、どんな顔をして会えばいいのだろう。でも、絵里に対して失礼だ。絵里とは夫婦といってもいいような関係なのだ。

 

男として、けじめをつけなければ・・・。