ビッグコミックオリジナルで連載中

黄昏流星群【第561話】のネタバレを紹介します。

 

561話は、2019年5月20日発売のビッグコミックオリジナルに掲載されました。

 

 

黄昏流星群【60巻】発売日いつ?最新刊を無料で読む方法!

 


『黄昏流星群』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





黄昏流星群【561話】最新話のネタバレ

 

黄昏流星群【560話】のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

561話 「星確スウィング➁」

 

 

大越は今日もゴルフを楽しんでいる。

 

名門の鷹野ゴルフクラブでゴルフすることが5年前に退職した大越の楽しみだ。

 

キャディは先日一緒にラウンドして気に入った菊田さんで、今回も指名した、彼女と一緒にラウンドすると、何故かやたら調子がいい。

 

 

帰ろうとして車にゴルフバッグを積み込んでいると、菊田さんが耳元でささやいた。

 

 

先日食事をごちそうしたお返しに、今日は彼女の家で食事をしないかとの誘いだった。

 

 

二人とも今は独身生活で、断る理由は全く無いが、うれしさ半分、不安も半分といった気持ちだ。

 

 

もしかしたら何かを期待しているのかもしれないが、71歳のこの年で長い間忘れていた感情が久しぶりに蘇ってきた。

 

 

これは”老いらくの恋”なのか。彼女の自宅を訪れると、ほとんどがスーパーの総菜だと言いながらも、おいしそうな料理が並んでいた。

 

 

食事をし、持ってきたワインを飲みながら、子供の頃のことなどを色々話した。

 

両親が商売をしていたので、子供の頃は女中っ子だったこと、中2の時、一度だけもらったチケットで映画に行った時に、彼女に指で性的ないたずらをしたことなども話した。

 

 

ただ思い出はそれだけで、彼女は私が中学3年の時にやめて故郷へ帰って行った。また、私の家には週2回の頻度でお手伝いさんに来てもらっていること。

 

 

そのお手伝いさんもかなりの年齢で、家に来るのがつらそうであることなどを話すと、良ければ菊田さんがその用事をしても良いと言い出した。

 

 



 

話も弾み、食事も進んでそろそろ帰る時間になった。

 

帰り際、予想していなかったが菊田さんが唇にキスをしてくれた。やった!!という気持ちだった。やはりどこかで期待していたのだ。

 

翌日お手伝いさんに家事の事を話すと、快く了承してくれた。やはり彼女も辛かったのだろう。

 

次に楽しみのゴルフへ行ったとき、彼女のキャディを指名すると支配人が出てきた。

 

聞くと菊田さんはやめたらしい。

 

他のメンバーから苦情が色々と出ており、試用期間中だったのでやめてもらったと支配人は言った。

 

大越が感じた評価と全く違うし、しかもやめるタイミングが良すぎる。彼女は計画的に近付いてきたのだろうか?

 

『黄昏流星群』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

黄昏流星群【561話】の感想

 

偶然にしては、色々と起こりすぎている。

 

家が近所でファミレスの昼食で出会った事。

 

その夜、彼女がグデングデンに酔っぱらって、ベッドまで運んだこと。お手伝いさんの仕事を週2回彼女がすると言い出したこと。

 

しかも、キャディで付いているときには、ほかのメンバーが感じるほどひどい態度ではなく、逆に礼儀正しくしっかりした態度だったことなど。

 

どうも仕組まれた感じが否めない。しかし、それは何のため?もう、総合商社の会長の地位は退いているし、ハニートラップでもないと思うのだが・・・。

 

黄昏流星群【60巻】発売日いつ?最新刊を無料で読む方法!