週刊少年ジャンプ2019年10月12日発売の46号
に掲載された

【鬼滅の刃】最新話の178話のネタバレを紹介します。

 

鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





鬼滅の刃【178話】最新話のネタバレ

 

鬼滅の刃【18巻】発売日!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

鬼滅の刃ネタバレ!

 

178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」

 

 

黒死牟の目に浮かぶのは、幼き頃の弟の姿。
そして、心の底から思うのは神に愛された弟が憎いという思いばかりであった。



父親が緑壱を連れ戻すべく、寺へ使いをやるが、そこに緑壱の姿はなかった。
忽然と姿を消したのだ。

 

人攫いか、熊にでも襲われたか、計らずして
巌勝の願いは叶った。

 


それから十年余りの時が過ぎ、巌勝は妻を娶り、一人の子にも恵まれ、人としての幸福に恵まれた。
だがそんな平穏な日々はどこか退屈で、年月の流れが長く感じられるのだった。

 

しかし、戦で野営をしていたところを鬼に襲われたことでそんな日々に終息が訪れる。

緑壱と巌勝は再会を果たしたのだ。

 



巌勝を救ったのは鬼狩りとなった緑壱だった。
幼少期の頃とは比べ物にならないほど剣技は高められ、鬼を軽々と倒す程になっていた。

 

そんな緑壱と再開したことで、巌勝に妬みと憎しみが湧き出てきたのだ。

 


「申し訳ありません。兄上」

自分の到着が遅れたために、配下が死んだことを詫びる緑壱。

 

膝をつき、そう言う緑壱は、人格者として非の打ちどころのない者となっていたのだった。

 

 


巌勝は、緑壱のような強さと剣技をどうしても手に入れたかった。
その為に、妻と子を捨て鬼狩りとなる道を選んだ。

 

 

巌勝は、平穏な日々を自ら捨てたのであった。

 


緑壱は誰にでも剣技と呼吸法を教えた。
だが誰にも緑壱のようにはできない。

 

 

それぞれにあった呼吸法があるのだろうと、呼吸法を変えて指導する。
そうして複数の呼吸法ができあがり、派生の呼吸が出来上がっていったのだ。

 

次々に痣物が現れるようになる。
巌勝にも緑壱と同じ痣が発現した。

 

 

同じ痣が発現しても、緑壱と同じ呼吸は使えず、使えたのは月の呼吸というただの派生に過ぎなかった。

 


まだ鍛錬が足りないのかと気を揉むような思いでいた頃。
痣が発現したものがばたばたと死にはじめたのだ。

 

 

 


痣は寿命の前借りに過ぎず、全盛期はすぐに終わるのだと悟った。

 

時間が足りない。このままでは
巌勝が緑壱に勝てる未来はないのだ。

 


そんななか巌勝は鬼舞辻無惨と出会った。

「鬼になればよいではないか」

 


鬼になれば無限の時を生きることができる。

 




そういう鬼舞辻の言葉に自分の欲しい道がある、全てのしがらみから解放されるのだと確信した。
巌勝は、鬼・黒死牟となったのだった。

 


そして鬼となり長い月日がたった頃、老人となった緑壱と再会する。

 

痣が発現したものは長く生きることは出来ないという理からも外れ、老体でありながらも剣技は衰えてもいない。

 

それなのに緑壱は寿命で死んだ。

あの鬼舞辻無惨でさえも、緑壱に傷一つ付けることが出来なかった。

 


寿命で死亡した今、その存在を超えることは出来ない。

 




何故お前はいつも惨めな思いをさせるのだ。

 


憎い!


憎い!

死んだ緑壱の身体を切り捨てると、懐の包みから見覚えのある笛が現れた。

 


この笛を兄上だと思い、日々精進して参ります。

 


そういって、自分が手渡した笛を大事に懐にしまう、幼い弟の姿を思い出した。
思わず黒死牟の頬に涙が伝う。

 


もうやめろ。
私はお前が嫌いだ。

 


お前の顔を見ただけで吐き気がするのだ。
声を聞くだけで腹が立つのだ。

 


それなのに何百年も生きてきて、思い出すのは大嫌いなはずの緑壱の顔。
父や母や、妻子の顔も思い出すことすら出来ないというのに、緑壱だけが鮮明なのだ。

 


緑壱はまるで太陽だ。
その才能に憧れ、手を伸ばすも近づくことは許されない。
もがき苦しむ他ない。

 


家や妻子を捨て、子孫を切り捨て、侍であることも捨てたというのにここまでしても緑壱に近づくことすら出来ない。

 

緑壱は道を極めた者の辿り着く場所は皆同じだといっていたが、私は辿り着くことが出来なかった。

 


日の呼吸を扱う剣士を今まで徹底して殺してきた。
途絶えたと思った呼吸は炭治郎が扱い、残っている。

 


何故お前ばかりが残していく。
何故私には残せない。
何故私とお前はこれほど違う。

 


自身が産まれた意味を緑壱に問いかける。
朽ち果てた黒死牟の後に残るのはかつて緑壱が持っていた、ちいさな笛ばかりであった。

 

鬼滅の刃【18巻】発売日!

『鬼滅の刃』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

鬼滅の刃 最新話のネタバレ感想と次回

 

最も手強いと思われていた上弦の壱を倒しました。四人がかりでようやくだったので本当に強かったのだということがわかります。

 

あれだけ嫌っていた弟に慕われていたとわかった時の黒死牟の涙。やはり兄弟愛があったのだなと思いました。鬼滅の刃は、兄弟みな思いあっているので兄弟愛もひとつのテーマなのでしょうか。

 

次はいよいよ鬼舞辻無惨と炭治郎たちが対峙するのでしょうか?炭治郎のヒノカミ神楽がどこまで通じるのか、来週が待ちきれません!

 

鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら