ビッグコミックで連載中の

空母いぶき GREAT GAME(グレートゲーム)

2020年3月25日発売の6号

最新話、第7話のネタバレです!

 

 

12巻と13巻の内容チェックは・・・こちら

 

 

最新刊の空母いぶきの立ち読みは・・・こちら

日本が尖閣を巡る戦闘を経験してから5年後の20YX年。
氷の融解が進む北極海に、海上自衛隊の護衛艦が調査目的で派遣される。
艦長は、蕪木二佐。空母「いぶき」の次期艦長に推されているこの男が大きな決断に迫られる…‼

作者:  かわぐちかいじ
原案協力:  惠谷 治
協力:  八木勝大・潮匡人

 

空母いぶき【13巻】発売日とネタバレ!

 


『空母いぶき』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





空母いぶきグレートゲーム【第7話】最新話のネタバレ

 

空母いぶきグレートゲーム【第6話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

空母いぶき【13巻】発売日とネタバレ!

 

 

GREAT GAME(グレートゲーム)
第7ソーティ 「米・インド太平洋軍司令官」

 

 

しらぬいは補給を受けるために、補給艦おうみに接舷し給油を受ける。

蕪木は補給時に攻撃を受けない為に、哨戒機、無人ヘリを飛ばし最大限の警戒をした。

 

 

 

その頃、市ヶ谷の防衛省へ米・インド太平洋軍司令官キングリッジ大将が、

ハワイから急遽横田へ総理に会見するために来日すると急報が舞い込む。

 

 

 

横須賀の秋津・新波にもこの情報は伝わる。

二人はアメリカがソナーを早急に確保したいのだろうと推測する。

 

 

 

しかし、秋津はキングリッジ司令官が知りたいのは総理の人物じゃないかと推測した。

司令官は今回のしらぬいの動きに、日本と自衛隊に敬意と違和感を感じていると言った。

 

 

 

柳沢総理は違和感はと問うと、

司令官が、しらぬいは指揮系統から逸脱したという懸念だ言い、

自衛隊は今もこれからも米軍の強い同盟軍だと考えている。

 

 

 

これからはディオサ号の救援は米軍に任せ、ディオサ号を引き渡せと言った。

 

 

さらに我々は情報を得ている。

これは自衛隊ではなく米軍にとって有用な情報であることを分かっているかと聞いた。

 

 

柳沢総理は目線をそらさず、

しらぬいにディオサ号の曳航を認め、速やかに救援船に引き渡すこと、

慎重に行動し、今後一切武器使用は認めないと指示したと言った。

 



 

自衛隊の最高指揮官である総理の指揮で自衛隊は動く。

柳沢総理は自分への指示に現場から反対が起こらない限り、自分の指示の変更はない。

 

 

司令官は地球の半分の安全保障を自分が負っている。

 

 

 

その私への言葉ですかと問うと、

柳沢総理は毅然とはいと答えた。

 

 

おうみからの補給を終えたしらぬい。

その哨戒ヘリからかすかな影を探知。

 

 

しらぬいの館内では無人攻撃機ではないと懸念する。

無人ヘリ・カモメのカメラには翼の下にミサイルらしきものを確認した。

 

 

 

攻撃は禁じられている。

しかし、蕪木は自分たちの命だけではない。

 

 

 

責任は全て自分にあると言い、

対空戦闘の用意を指示した。

 

 

空母いぶき【13巻】発売日とネタバレ!

『空母いぶき』ビッグコミックをすぐに無料で読む

 

空母いぶきグレートゲームの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

空母いぶきグレートゲーム【7話】ネタバレと感想

 

今回は日本とアメリカの軍部首脳の会談。細かい駆け引きがされ、アメリカはその軍事力を背景に圧力をかけるが、柳沢総理は強い意志で自分の意思を押し通す。力強い総理の行動に今後も注目だ。

次回、しらぬいに接近してくるミサイルを装備した無人攻撃機。これに対して蕪木は攻撃するが…。

 

 

空母いぶき【13巻】発売日とネタバレ!