ビッグコミックで連載中の

空母いぶき GREAT GAME(グレートゲーム)

2020年6月10日発売の12号に掲載された

最新話、第35話の5巻収録のネタバレです!

第35ソーティ「 激闘「くまの」まや 」

 

 

空母いぶきグレートゲーム【4巻】発売日とネタバレ!

 

最新刊の空母いぶきの立ち読みは・・・こちら


『空母いぶき』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
最新号のビッグコミックを読もう!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

スポンサーリンク





空母いぶきグレートゲーム【第35話】最新話のネタバレ

 

空母いぶきグレートゲーム【第34話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

空母いぶき【13巻】最終巻のネタバレ!

 

 

GREAT GAME(グレートゲーム)
第35ソーティ 「 激闘「くまの」まや 」

 

 

ロシア艦隊から発せられた妨害電波により電子戦は行えなくなったくまのとまや。

前方にはロシア艦隊4艦が視認される。

 

 

 

いぶき艦上では秋津・蕪木両名が艦のスペックと乗員の技量勝負になると思っていた。

ロシア艦隊の戦闘の主砲の向きはまやに向けられている。

 

 

 

そして、その主砲が火を噴く。

くまの、まやはやるしかないと腹をくくり砲撃のをかわそうと動く。

 

 

 

その砲撃はくまのの手前で着弾。が、あたらない。

くまのは艦隊一の機動力を誇る。

 

 

 

そう簡単にマニュアルでの砲撃は当たらない。

くまの艦長・大竹はロシア艦隊の先頭を身を挺して押さえようとしている。

 

 

 

まやはいぶきへこれより応戦と通信する。

 

 



 

 

蕪木は迷うなとまや艦長・海老名に言い、

何があっても砲撃の全責任は作戦立案者の自分が取る。

 

 

 

くまのと乗員を守れと言った。

まやも砲撃を開始する。

 

 

 

目視により第一弾は外れる。

第二弾は修正しロシア一番艦の主砲付近に命中。

 

 

 

まやの標準はロシア二番艦へ。

二番館はまやへ連続砲撃を加えてくる。

 

 

 

今度はくまのが砲撃を開始。

初弾、第二弾を砲撃。

 

 

 

初弾は外れるが、第二弾は艦橋に命中。



 

 

ロシア第二艦は明らかな相当数の人的損傷が出たと推測できる。

大竹は明らかにロシア艦隊は我々を沈めるために砲撃してきた。

 

 

 

これは戦闘だ。

やらなければやられる。

 

 

 

大竹はこれは戦闘だと言い、乗員たちに檄を飛ばした。

ロシア第二艦はいぶき艦隊への前進を止めない。

 

 

さらに第三艦も向かってきた。

 

空母いぶきグレートゲーム【5巻】発売日とネタバレ!

『空母いぶき』ビッグコミックをすぐに無料で読む

 

空母いぶきグレートゲームの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

空母いぶきグレートゲーム【35話】ネタバレと感想

 

『空母いぶき』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
最新刊ビ空母いぶきを読もう!
※:サイトに初回登録時のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

お互いの妨害電波のため砲撃戦となった。実戦経験がある差なのかいぶき艦隊が今のところ戦況をリードしている。数では不利だが艦長たちの決意がそのまま艦隊の士気に出ているのは間違いなようだ。当たり前だがロシア艦隊が領土を侵しているのだから。

次回、ロシア艦隊も黙っていられない。激しい攻撃に防戦一方となる。そして、後方からもロシア艦隊の攻撃が始まりいぶき艦隊は絶体絶命となるが….。