週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる43話のネタバレと感想を書きました。

2019年5月8日発売の23号に掲載されてた内容となります。

 

ヒットマン【5巻】ネタバレと発売日

 

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

スポンサーリンク





ヒットマン【43話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマン【42話】ネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

43話「間に合わない」

 

翼の原稿を手伝ってくれていた桂木のアシスタントたち。
しかし突然、桂木から戻ってこいと連絡が来る。

 

原稿は完成したはずだと言うアシスタントたちですが桂木はいいアイデアが浮かんだのだと譲らない。

 

翼の原稿がまだ終わっていないと食い下がるアシスタントのノブであったが桂木は一喝する。
「テメエらどこのスタッフだ!!グダグダ言ってねぇで戻って来い!!」

 

動揺するアシスタントたちと困惑する編集員の敷島だが意外にも翼は冷静に言う。
これ以上迷惑をかけることはできないから帰ってください。

 

自分は描くのが早いからあと8ページくらいなんとかなる、と無理やり笑顔を作る翼。
そこへ先輩編集者の八神が現れる。

 

敷島はなんとかアシスタントたちを引き留めてほしいと八神に頼み込むが八神は冷静に言う。
タクシーを待たせてあるから桂木先生の元へ戻ってくれ。

 

 

修正したネームのほうが明らかにおもしろかったのだ。
あんまりだ、と八神を責める敷島に冷たく言う。

 

「担当でもない作家のために何をしている。さっさと編集部に戻って仕事をしろ」
一方、桂木は原稿を書き直していた。

 

剣崎が翼のことで桂木に意見したのがきっかけで良いアイデアが浮かんだのだ。
「いい瞳だったなぁ、おかげで面白いアイデアが浮かんじまったぜ」

 

 

原稿を書き続ける桂木の目は異常なまでに輝いているのだった。
八神に忠告された敷島はドアの外で剣崎に助けを求める。

 

いきさつを慌てながら伝える敷島だが剣崎の充電が途中でなくなり電話は切れてしまったのだった。
途方に暮れる敷島の後ろから編集長が現れる。

 

状況を聞くと足りない分のページは代案を載せるという編集長。

 

なんとか背景はなしで掲載できないかという敷島に編集長は中途半端なものを載せることはできないというのだった。

 



 

「お金を取って未完成の原稿を載せるなど言語道断。作家としても編集者としてもプロ失格です。」
元はと言えば島風をフォローするためにストックしておいた原稿を失った翼。

 

それを指示したのは編集長のはず。
敷島はやるせない気持ちで去っていく後姿を見つめるしかできなかった。

 

一人、会議室で原稿を続ける翼。
父親である桂木の仕打ちや迫りくる時間に焦りがつのる。

 

消しゴムを拾おうとして床に倒れこんでしまう。
20時間以上作業しているのだ。

 

「無理よ、間に合うわけない。」
誰か助けて、と涙を流す翼の元へ剣崎がトーンを持って戻ってくる。

 

近場でトーンを借りてきたという剣崎。

 

トーンがあっても間に合わないとしょげる翼の元へ助っ人を連れてきたというのだ。
時代がかったセリフと共に島風が現れる。

 

「あの時助けていただいた鶴がご恩返しに参上仕りました!」

 

ヒットマン【5巻】ネタバレと発売日

 

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ヒットマン【43話】最新話のネタバレ感想

 

島風ちゃんが来れば百人力ですね。

 

島風のためにストックしていた原稿を使った翼。

 

その翼を助けに来た島風。

 

作家と作家の絆を感じますね。それにしてもいくらプロとはいえ編集長や八神さんはちょっと冷たいなと思いました。

 

締め切りまでに原稿を上げるのは作家として当然ということでしょうか。プロの世界は厳しいですね。

普通の企業だったら20時間ぶっ続けで働かせているなんてコンプライアンス的に大丈夫かと思ってしまいますが。特殊な世界なんでしょうね。