ビッグコミックで連載中の「デビルマンサーガ」

最新話98話のネタバレを紹介します。

 

5月25日発売の第11号に掲載されました。

 


『デビルマンサーガ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

 
スポンサーリンク





デビルマンサーガ【98話】最新話のネタバレ

 

デビルマンサーガ【97話】ネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

98話「平和の崩壊」

 

空からでも、海からでも入国できるデーモンなのに、キャプテンのジェイソン・ゴーダは、わざわざ普通にパスポートを使ってしかもスーツケースにデーモンアーマーを隠して入国した。

 

日本という平和ボケした国の警備体制や、入国管理をつぶさに見てきたのだ。

 

キャプテンのゴーダは宣言する。

 

「われら最強のデーモン部隊のテロが、平和ボケした日本に、破壊と混乱を巻き起こしてやる。」その宣言通り、大阪では地下鉄が脱線し、訓練飛行のステルス機が消息不明となり、新東名の新高速道路では10件連続で事故が起こっている。

 

 

しかも、怪物を見たと言う目撃情報も入っている。

 

不動勇希はテレビで色々な事故情報を聞いたが

どうも通常の事故ではないことを感じて、国軍省に出向いた。

 

参謀本部長の智円万次郎と話をすると、智円はこの出来事はおそらくテロだと言う。

 

智円は多数のデーモンによる同時多発テロを疑っていた。

 

今のところ確たる証拠はないが、日本がついにデーモンの標的にされたのだ。そこへ白縫がやってきた。白縫は不動隊長に報告する。

 



 

昨晩部下を連れたジェイソン・ゴーダ―に出会ったことを。

 

 

ジェイソン・ゴーダ―はル・ファール社で保安部のリーダーだった人物で、ル・ファール社のデーモンアーマーが暴走した時に一斉にデーモンになった人物のひとりだ。

 

 

彼は恐ろしく残酷なデーモンになり、

多くのデーモンを率いて魔将軍ザンと名乗ったのだ。

 

 

そしてル・ファール社に対する調査の結果、

魔将軍ザン以下30名のデーモンが売却されているのだ。

 

 

売却した国名はトップシークレットだと言って明かさないようだ。

 

もしこれらの事件が魔将軍ザンの率いるデーモンの仕業であるとしたら、人間ではとても防ぐことはできない。

 

デーモンのテロはデーモンの力を持つもので防がなければならない。

 

参謀本部長の智円万次郎は日本国軍省デビルマン部隊の出動を要請した。

 

一方、このテロの首謀者はやはり魔将軍ザンであった。

ザンの部隊は同時多発テロで、日本全土を地獄の戦場に導く引き金となることを目指していた。

 

デビルマンサーガのネタバレ【98話】最新話の感想

 

参謀本部長の智円万次郎が国軍省のデビルマン部隊の出動を要請したことにより、いよいよ魔将軍ザンのデーモン部隊との戦闘が始まることになった。

 

魔将軍ザンの部隊は各国でテロを繰り返すことによって、戦闘の経験は豊富でありしかもお手のものであるが、デビルマン部隊は果たしてどうなのだろう。

 

いずれにせよ日本全土がデーモンの兵士により焦土と化すのは間違いがない。その日本での戦闘が拡大し、第3次世界大戦となっていくのだろうか?