週刊少年ジャンプで連載中の「チェンソーマン」最新話19話のネタバレを紹介します。

4月22日発売の2019年21号に掲載されました。

 

チェンソーマン【2巻】発売日

スポンサーリンク





チェンソーマン【19話】最新話のネタバレ

 

チェンソーマン【18話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第19話「ノーベル賞」

 

 

永遠の悪魔を悪魔を切り刻むもデンジは血が少なくなりチェンソーが引っ込んでしまいます。

 

攻撃されるデンジですが突然永遠の悪魔に噛みつきます。ゴクンと永遠の悪魔の血を飲んだデンジのチェンソーが復活します。

 

「ドブみてえみマヂぃ血でもよお・・・!テメ~のそん苦しい顔見ながら飲めゃあいちごジャムみてえだぜええええ!!」と叫びながら再びデンジは永遠の悪魔を切り刻みます。

 

このデンジの姿をみた姫野の頭の中に昔の映像が流れます。

 

 

「悪魔が恐れるデビルハンターはなあ・・・頭のネジがぶっ飛んでるヤツだ」これは姫野の師匠が発した言葉です。姫野のこれまでのバディはみんな頭がまともだったから死んだ。

 

 

銃の悪魔を殺したいと言っている時点でまともではないと言う姫野ですがそれは違います。銃の悪魔はほとんどのデビルハンターが殺したいと思っているのですから。

 

早川は本気で銃の悪魔の肉片を集めておりこのままではそのうち銃の悪魔にたどり着いてしまいます。

 

嫌だと繰り返す姫野。

 

ある日姫野は早川に一緒に民間に転職しないかと切り出します。民間のデビルハンターであれば強い悪魔と戦わなくてもいいのです。

 

 

しかし早川はそれを拒否。

 

 

そのことで、姫野はこのまま銃の悪魔と戦えば必ず早川は殺されると確信します。それは実力とか相手の強さとかではなく、早川もみんなと同じく普通の人だから。

 

 

しかし・・・。デンジの戦いを見ている姫野の気持ちは動いています。

 



 

 

永遠の悪魔からの攻撃を受けて倒れ込むデンジのチェンソーのスターターロープを姫野がゴーストの手で引っ張ります。

 

するとエンジンがかかるように再び立ち上がるデンジは何かひらめきます。

 

「テメエが俺に切られて血ィ流して!俺がテメエの血ィ飲んで回復・・・!」「永久機関が完成しちまったなアア~!!

 

 

これでノーベル賞は俺んモンだぜ~!!」こう叫びながら再び相手を切り刻むデンジを見て姫野は、最高にネジがぶっ飛んでるデンジなら銃の悪魔を殺せるかもしれないと強く思います。

 

3日くらいたって、姫野は眠る早川のもとに来ました。

 

終わったからちょっと眠ると言う姫野の言葉に、「終わった・・・?」と言う早川。

 

デンジの延々と続く攻撃に耐えかねた永遠の悪魔は自分の急所である心臓をデンジの前に差し出したのです。もう終わるのかと物足りなそうなデンジですが、永遠の悪魔にとどめを刺します。

チェンソーマン【19話】最新話のネタバレ感想

 

チェンソーマン【2巻】発売日は?最新刊を無料で読む方法!



 

 

今までで一番デンジが馬鹿でぶっ飛んでるのがわかる回でした。

 

予想通り、敵の血を飲んで復活でしたがまさかそれを繰り返しやり続けるとは思いませんでした。痛みで自殺という作戦は成功しないと思っていたので驚きです。

 

それにしても3日も戦い続けていたデンジすごいです。

 

次回はさすがにデンジの人間の部分には疲労がたまっていると思うので休むのだと思いますが、また休めずに仕事が来るのかもしれません。

 

姫野からのご褒美のキスや、戦意喪失した新人たちの処分が気になります。