週刊ヤングジャンプで連載中の『BUNGO
2018年4月26日発売の20・21号の最新話、第143話のネタバレです!

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『BUNGO』を読む

 

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! のちに中学校で邂逅した二人は、揃って超強豪「静央シニア」へ入団する──!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!

 

スポンサーリンク





『BUNGO』第143話のネタバレ!

「折れない心」

大人気センターカラー!

真田高校との練習試合で下川が先発をつとめる。

 



 

真田高校のバッターが粘り、下川を疲弊させてから叩くつもりだ。

5回表で無死満塁満塁を迎える下川。

 

そして、翔西高校からしたらピンチの時に
最も迎えたくない打者の柿谷がバッターボックスに入る。

 

翔西の監督は交代をせずに下川に投げさせ

翔西高校で吉見を越えて1番になるならこんな時こそベストピッチを

と思い、

 

投げる下川だが、

 


その球を待っていたかのように柿谷に打たれた。

 

打った球はフェンス直撃で、
いたランナーは全員ホームに戻り、柿谷も3塁に進む。

 

真田高校ベンチ、
観客共に喜ぶが、打った柿谷本人は柵越えの予定だった。

 

予定通りにいかなかったことに喜ぶ柿谷。

 

その後に内野フライでありながら、
柿谷がタッチアップを決めて、5回に4失点を下川がする。

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

 

野田や袴田が

「シニアなら圧倒できたが、高校全国級なら攻略されちまうってことか」と

下川を見て評価を下した。

 


そして、その時に翔西高校がピッチャー交代をする。

 

ピッチャーが吉見に代わる時に、下川が吉見に謝り

吉見は「謝る必要なんか無いさ、あとは任せろ」と下川から引き継ぐ。

 

吉見に投手が代わったことにより。

 

球場の雰囲気が一変することに気づく文吾。


そして、マウンドに立った吉見が

 

「随分とうかない顔をしているじゃないか石浜!」

と思う。

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

ブンゴ『BUNGO』第143話の感想と次回予想

翔西高校と真田高校の練習試合も半分以上が過ぎ

最初は翔西高校の下川が真田高校を圧倒していたが、徐々に捉えられていくようになった。

それに比べて真田高校はまだ捉えられていない描写となり
下川が打たれ始めてついに吉見に代わった。

この後にエースとして、投げる吉見に色々な思いを文吾を感じるのではないかと思う。

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『BUNGO』を読む