ビッグコミックで連載中の「黄金のラフ2 ~草太の恋~」の最新話99話のネタバレを紹介します。

12月9日発売の第24号に掲載されました。

ストーリー
第一部にあたる「黄金のラフ~草太のスタンス~」では、まったく女っ気のない体育会系バカゴルフ道を痛快に描き切ったなかいま強氏。もっと読みたいという読者からのラブコールに応えて、第二部スタート! そしてそのサブタイトルは「草太の恋」! どんな展開になるか担当者も予測不可能です。

 

黄金のラフ2 ~草太の恋~の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





黄金のラフ2~草太の恋~【99話】ネタバレ

黄金のラフ2~草太の恋~【98話】アルバトロスを追いかけて

 

第99打 テール・トゥ・ノーズ

 

大きな勝負所の16番ホール、

マイトは2打目227ヤードをピンの5メートル以内に寄せイーグルパットを狙って打つ。

 

それがパー5で確実にバーディーを取る秘訣だという。

 

そうすれば

このホールでニトロの一歩前に出られる。

 

ビシィー!!

 

ナイスショット!!

 

 

グリーン真っすぐに飛んだ!!

 

グリーンに直接届いた。

 

ピンに寄る、寄る、寄る イーグルチャンス確定か?

 

マイトは本当にボールにリモコンを埋め込んでいるのか?

いや、今度は転がる、転がる、転がる 止まれい!!

 

止まれい!!

 

マイトはボールに命令する。

 

やっと止まった。

 

しかし全く当初の狙いである5メートルとは違い10メートルはありそうだ。

 

しかしさすがマイトである。

 

これでイーグルが決まれば優勝確定、バーディーは確実に取れる。

 

ニトロと草太は焦る。

二人ともトラブルショットでバーディーも危ない。

 

次はマイトの番である。

 

グリーンの方向は空いており、

距離は121ヤードで、低い球であれば狙っていける。

 

しかしラフからであれば低い球筋ではグリーンで止めるのは難しい。

 

さて、どうする?唯一の方法は、バンカーの土手を狙って打ち、土手でワンバウンドさせ、うまくいけばグリーンのピンに寄せる。

 



 

失敗してバンカーに入っても、パーセーブは難しくない。

 

勝負所で、ニトロは7番アイアンで打った。

 

左にバウンドすることを予想して、バンカー土手の右を狙う。

 

さあ、土手ドンするか?

 

土手にあたった。

 

さあピン方向にバウンドだ!!

 

あぁ!!

 

バンカー方向にバウンドして、バンカーに転がった。

 

ニトロは意気消沈、落ち込んだ。

 

もう、やけくそ!!

 

そのままの気持ちでバンカーショット!!

 

ガコン!!

 

え~っ!!

うおおおおお!!

 

バンカーから直撃のチップインバーディー。

 

今度はマイトと草太の機嫌が悪い。

 

次はいよいよ、草太の番だ。

 

草太もチップインイーグルを狙っていたのに、先を越された。

 

しかも、グリーン周りのラフからのショットになる。

 

芝の抵抗を受けない打ち方が必要だ。

 

よし、得意のトラブルショット、パターの先端を使う。

 

あとはラインだ。

 

二人の意見は一致した。1.5メートルのフックライン、バリ草ラインだ。さあ、イーグルを狙うぞ!!

黄金のラフ2 ~草太の恋~ネタバレの感想

さて、マイトは果たしてイーグルを決められるのか。

 

イーグルが無理でもバーディは確実だ。

 

ニトロはなんとやけくそショットでバーディをもぎ取った。

 

草太も最低でもバーディは取らないと二人との差がますます広がる。

 

イーグルを狙って、

フックラインの読みも一致した草太と美波里、しかも得意のトラブルショットである。

しかし、そのそばでバリ草に嫉妬する、矢田部・太子の二人、やはりこの二人もチームきりたんぽが恋しいらしい。

果たしてチームきりたんぽは復活するのか?

 

黄金のラフ2 ~草太の恋~の最新刊の立ち読みは・・・こちら