週刊少年ジャンプ2019年10月7日発売の45号
に掲載された

【鬼滅の刃】最新話の177話のネタバレを紹介します。

 

鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





鬼滅の刃【177話】最新話のネタバレ

 

鬼滅の刃【18巻】発売日!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

鬼滅の刃ネタバレ!

 

177話「弟」

 

人を妬んだことがないものは単に神々の寵愛を受けた、太陽の様に輝くものに出会ったことがないだけである。

 

 

今回の話は、上弦の壱黒死牟と弟、縁壱が生まれてからのお話です。

 

双子は跡継ぎの争いの原因となるため不吉だとされていた時代に2人は生まれました。

 

そのため、弟であり生まれつき不気味な痣を持つ縁壱を、父親は殺してしまおうとしていました。

しかし、母親の方がそのことに怒り狂い、手が付けられなくなったため、縁壱は殺されず10歳になると同時に寺へと出家されることになりました。

 

 

黒死牟と縁壱に扱いには大きな差がありました。

 

 

着物、部屋、教育、食べ物さえも全然異なるものを与えられていたのです。

 

 

そのためなのか、縁壱はずっと母親の左側にぴったりとくっついて離れませんでした。黒死牟は子供ながらに、そんな縁壱のことを可哀想だと感じていました。

 

 

黒死牟は父の目を盗んでは縁壱の部屋に行き、父に気づかれないように自分で作った笛を渡しました。

 

しかし縁壱は生まれてからここまで笑うこともなく、ずっと喋らなかったので耳が聞こえないのだと思われてきました。

 

 

縁壱が喋れると分かったのは縁壱が7歳の時です。

庭で剣術の稽古をする黒死牟を、木の陰から覗いていた縁壱が黒死牟に話しかけてきたのです。

 

 

「兄上の夢はこの国一の侍になることですか?」それから縁壱は突然、自分も侍になると言います。縁壱の未来は僧侶になることで決まっている、しかし縁壱はそのことをわかっていないのか、初めて笑った顔を見せました。

 

 

黒死牟はそんな縁壱を気味悪く感じました。いつも母親にしがみついているような男が侍になれるわけがない、黒死牟はそう考えていましたが縁壱は驚くべきものを見せます。

 



 

 

黒死牟に剣術を教えていた男が、戯れで剣の持ち方を教えると、縁壱は風のような速さで男に竹刀を叩き込み気絶させてしまったのです。

 

 

黒死牟が1本もとったことのない男を縁壱は初めて刀を取ったその日に倒してしまったのです。

 

縁壱はこのことを不快に感じてそれから侍になりたいとは言わなくなりましたが、黒死牟が縁壱の強さを探ると、縁壱には人間の血の流れや筋肉の動きが見えているということが分かります。

 

 

黒死牟は今まで憐みの対象としてきた弟が自分よりも優れていることを知ったのです。

 

それからはいつ縁壱に跡継ぎの座を奪われるかと危惧していた黒死牟ですが、ある日母の死と同時に縁壱が家を出ていきます。

 

縁壱は自分が跡継ぎにさせられるかもしれないことに気付いていたのです。後に母の左半身が不自由になっていたことが分かりました。

 

黒死牟は縁壱がいつも母の左側に居たのは、母を支えていたからだと気づきます。

同時に、縁壱に対する強い嫉妬と憎悪の気持ちが生まれました。

 

 

鬼滅の刃【18巻】発売日!

『鬼滅の刃』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

鬼滅の刃 最新話のネタバレ感想と次回

 

黒死牟と縁壱の幼き頃の様子が描かれました。哀れんでいたというよりも黒死牟は縁壱のことを見下していた部分があるのでしょう。

 

次回は嫉妬と憎悪に駆られた黒死牟が、出家した縁壱のもとに行く話が語られると思います。2人は侍として一緒に居たはずです。その時の2人は仲の良いように描かれるような気がします。

 

どこまで行くのかは分かりませんが、黒死牟が鬼になる部分やその後縁壱に殺されそうなところも一気に描かれてしまうかもしれません。

 

鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら