ビッグコミックオリジナルに連載中の「風の大地」

696話のネタバレを紹介します。

2019年8月5日発売に発売された第16号に掲載されました。

 

 

『風の大地』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





風の大地【696話】最新話のネタバレ

 

風の大地【695話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

696話「遊び心の教え」

 

今回の大会では初めての大きな試練だった。

 

今までが順調すぎたのかもしれない。

 

 

2ホールで3アンダーの成績を残し、トップのウオーレンとの差も縮まった。

 

このホールもティショットの飛距離が伸び、ランも大きかった。

 

その結果グリーン奥のポットバンカーにつかまってしまった。

 

 

沖田はサンドウエッジをもってポットバンカーの中に入った。

 

 

狭い!!

 

 

アドレスは取れるがスイングが十分できないほどの狭さだ。

 

 

沖田はクラブヘッドの先で打った!!

 

 

シュカッ!!

 

 

ふわりとボールは上がった。

 

 

そしてバンカーの横へと転がった。

 

 

群衆の歓声が上がる!!

 

出た!!

 

 

世界最狭のバンカーから、出してきた!!

 

 

笠崎が喜んだのも、つかの間だった。

 

10㎝飛距離が足りない。

 

この10㎝が命取りだ!!

 



 

グリーン周りの傾斜はきつく、しかも乾いている。

 

 

キックが悪く、ボールはバンカーに向かって転がる!!

 

 

笠崎はオキタに向かって叫ぶ。

 

 

どくんだ沖田!!

 

 

逃げるんだ!!

 

 

戻ってくるボールが体に当たればペナルティだ!!

 

 

ボールは転がり、バンカーにいる沖田の足元に落ちた。

 

沖田にとっては初めての耐えるホールとなった。

 

これはパターを使ってライの良いところに移動すべき、と提案した笠崎の提案に逆らったペナルティだろうか?しかし、沖田の考え方は違った。ついている!!

 

 

ボールは再びバンカーに入ったが、以前よりライは良くなっている。

 

 

またここで宇賀神の教えが耳によみがえる。

 

 

ショットに問題があるときに宇賀神の教えで、パターとサンドウエッジの左打を練習したことがあった。

 

 

それを思い出し、そして笠崎にピンまでの距離を歩測してほしいと言い出した。笠崎は納得がいかない。ピンまでの距離の補足など今は必要がない。

 

それよりもボールをピンとは反対方向に出し、どのようにして次のショットにつなげるかが重要だ。

 

 

シュカッ!!

 

 

笠崎が歩測を行っているとき、ふいにバンカーショットの音がした。

 

沖田が左打でバンカーショットを行ったのだ!!

よりによって、ポットバンカーから左打でボールを打ったのだ。

 

『風の大地』などビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

風の大地の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

風の大地 ネタバレ!最新話696話の感想

風の大地【75巻】発売日はいつ?

 

沖田はここにきて、鹿沼時代のように頑固になってきた。笠崎の提案に従わずバンカーショットでは無理をし続けている。

 

しかし、沖田に言わせると笠崎はスコアーを最優先に考えており、沖田はその時その時の最善を求めているために生じる軋轢なのだ。

 

笠崎に歩測を頼んだのも、沖田のショットに干渉されるのを避けるために、そして左打のショットを邪魔されないために、笠崎を遠ざけるために依頼したのだ。

 

笠崎がそれに気が付いたが、果たしてこの先、二人の関係は良好な状態を保てるのか?笠崎が投げ出してしまうのではないか?

 

風の大地の立ち読みは・・・こちら