ビッグコミックオリジナルに連載中の「風の大地」の686話のネタバレを紹介します。

2019年3月5日発売に発売された第6号に掲載されました。

 

スポンサーリンク





風の大地【686話】最新話のネタバレ

 

風の大地【685話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

686話

ウオオオオオオオッ!!!

 

グレート オキタ!!スーパーイーグル!!

 

パーフェクトフィニッシュ!!

 

観客は大声で沖田をたたえる。大地が揺れるほどの大歓声である。沖田は見事にイーグルパットを決めた。

 

勇気のいるパットだったが、ウオーレンの言うように恐れを知らぬパットを打った。しかも、カップインしなければグリーンをオーバーしそうな強さで打った。

 

サンドウエッジでグリーン外からのバーディショットをきめたウオーレンに匹敵する勇気のいるパットだった。

 

これで、ウオーレンとの差を2打詰めたことになるが、打数の差ではなく、精神的なものの方が大きい。ウオーレンはドライビングレンジへ行く途中で言った。

 

オキタの強さを一番よく知っているは私だ。オキタとの6打差は有って無いようなものだ。そしてスージー・マクガンにも言った。

 



 

明日は沖田に近付かないで欲しい。

 

私と沖田の戦いの邪魔になる。

 

マクガン家のキャディの系譜はリリー・マクガンで終わったはずだ。明日の戦いは今大会の最終日と言うだけでなく、私と沖田との8年前のマスターズから続く戦いの最終日なのだ。

 

だから遺恨の無い戦いにして決着をつけたいのだ。普段は気の強いスージーが何も言い返すことが出来ない。そこへ沖田がやってきた。

 

そして、スージーは沖田に聞きたいことがあると言う。

 

しかし沖田の目を見つめると何も言えなくなった。

 

あれほどの戦いの後なのに、沖田は優しい目をしている。どれほどの悲しみと、苦しみを乗り越えていけばあれほど優しい目になるのか。

 

スージーは目を伏せたまま何も言えなくなった。スージーは理解した。姉のリリーのことで沖田を憎んだ時もあった。もしかすると姉は幸せだったのかもしれない。

 

しかし、分からなくなってしまった。私はボールを打たない人間だ。果たして明日、沖田のバッグを担ぐべきなのか?

 

一方、ウオーレンと沖田はドライビングレンジで練習をしている。そこへアンガス・バトラーの使いがやってきた。沖田とそのチームメンバーを食事に招待するという。

『風の大地』などビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

彼風の大地の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は



U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む



U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

風の大地 ネタバレ!最新話の感想

風の大地【74巻】発売日はいつ?

 

バトラーはテレビで沖田の最終ホールのパットを見ていてつぶやいた。このパットは明日に繋げなければならないパットだ。強すぎる。

 

感覚がずれたか?と。そのバトラーから由緒ある店への食事の招待があった。チーム沖田のメンバー全員にである。

 

はたして何が起こるのか?少なくとも、ただの食事会ではないはずだ。また、最終日の沖田のキャディは誰がするのか?

スージー、笠崎のいずれかが担ぐのか?いや、地元出身のプロで、一番コースを良く知っているルイスもいる。

 

風の大地の立ち読みは・・・こちら