ビッグコミックオリジナルで連載中の大人気まんが

釣りバカ日誌の最新話946話のネタバレを紹介します。

2019年2月5日発売の第4号に掲載されました。

 

釣りバカ日誌を立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





釣りバカ日誌【946話】ネタバレ!まんがの最新話

釣りバカ日誌【945話】ネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

第946話 「ドウイタシマスター!?」

 

鈴木建設では、多胡専務の提案である“大阪ゆめしまIRランド”の役員会が開かれようとしていた。その計画の実現のためには多くの企業の協力を必要とし、鈴木建設はその船団の母船となるというイメージである。

 

 

次期社長となる多胡専務の提案でもあり、役員会では当然全員賛成となった。

 

そして、ヨー・スザン氏との大阪での打ち合わせに、鈴木社長も同席することになり、浜ちゃんも多胡専務とシンガポールにも同行した経緯から大阪に同行することとなった。

 

大阪へ向かう新幹線の中で、浜ちゃんは鈴木社長に今回の話をどう思っているかを尋ねられたが、トリックあり、トラップ有りの胡散臭い話の極みだと答えた。

 

しかし社長は、会社のトップになる人間は一度くらいやけどをしても仕方がないと甘いことを言うだけで、浜ちゃんの話を真剣に考えようとしない。

 

さて、大阪のホテルに着くと美人のリーさんが出迎えた。

 

リーさんなら私だってトラップにかかりたいなどと、鈴木社長まで言い出す。リーさんからハニートラップで前日の大阪入りを誘われた多胡専務は、それに応えられなかったことが残念だ。

 

ホテルの一室に通されたが、ヨー氏はなかなか現れない。これもトリックの一つで、じりじりさせるのが手だ。やっと現れて“大阪ゆめしまIRランド”の具体的な話にうつった。

 

鈴木建設とヨー財団の各々の準備金、次回の話し合いまでの検討期間etc。

 

 

多胡専務はIRランドの完成予想図を見せられてすっかりその気になっている。

 

そこへ大阪府の升井知事がヨーに挨拶に現れた。これは事前に準備されたトリックで、ヨー氏が大阪万国博覧会の開催を祝ってという名目で、次世代型電動イス100台を大阪府に寄付するという手紙と目録を升井知事に送り、そのお礼に現れたものだ。

 

 

これを見た鈴木社長は、すっかり信用してしまった。知り合いでもある升井知事が関係しており、ヨー氏のところにわざわざ挨拶に来るという事は詐欺のはずがないと思いこむ。

 

その後、鈴建の役員会でも、このプロジェクトを進行することが全員一致で承認された。未だ疑っているのは浜ちゃんのみだ。

 

しかし、詐欺の証拠がない。困った!!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!


釣りバカ日誌【まんが】ネタバレ!最新話の感想

慎重なはずの鈴木社長は、升井大阪府知事の登場ですっかりこのプロジェクトを信用してしまった。多胡専務はリーさんのハニートラップにどっぷりはまっている。

 

鈴木建設の危機を救えるのは浜ちゃんだけ。

 

詐欺であることを証明するために証拠がほしい。

あれ!?この独特の挨拶はどこかで聞いたぞ?

カッパ君と昼飯で入った中華料理店で、浜ちゃんはあのの挨拶を聞いた。

「ドウイタシマスター」。とうとう浜ちゃんは突破口を見つけたか?ヨー氏の壮大な詐欺計画を打ち破れるか?

 

釣りバカ日誌を立ち読みは・・・こちら