週刊ヤングマガジンで連載中の『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』

2019年10月12日発売の46号に掲載された

最新話、第333話のネタバレです!

 

賭博堕天録カイジ 24億脱出編の最新刊をチェックは・・ここ

 

スポンサーリンク





賭博堕天録カイジ 24億脱出編【333話】ネタバレ


 

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

カイジ【333話】心労

 

 

カイジたちが24億円を持参したままの逃亡するのは困難と踏んだ遠藤は、帝愛ローンの債務者からの情報提供を求めますが、悉く失敗します。

 

難航するカイジ捜索本部のビルに帝愛グループNO.2黒崎GMが訪れ、呼び出された遠藤は車に同乗します。

 

一体何故?何処に?制裁か?と遠藤の胃はまた痛み出し、その表情はすぐれません。

 

 

調子の悪そうな遠藤に声をかける黒崎は、胃痛と聞いて見かけによらず繊細だと、これからが思いやられると語ります。

 

「これから?」

 

 

この言葉に過剰な反応をする遠藤は思わず鞭打ちをイメージしてします。
思わず黒崎に謝罪をする遠藤。

 

 

24億円強奪犯のカイジ捜索が全く進展しないことについてです。
しかし、黒崎は怒ることなく「無理ねえよ」と意外な反応をします。

 

 

日本のどこかに雲隠れした連中を探すなど無理難題で簡単な話ではありません。
苦戦することは必至。

 

 

 

だからオレは気にしていないと言います。
すると今度は「オレは?」という言葉を気にかける遠藤。

 

 

オレでなければ兵藤会長は気にしているのかと想像します。

 

 

遅々として進まないカイジ捜索に業を煮やして舌打ちする兵藤の姿を見た忖度大王にして会長の心証・命の黒崎が、舌打ちを補填する形での鞭打ち100回の忖度制裁を危惧します。

 

 

などと考えているうちに車は山に向かっていきます。
山から生き埋めまでイメージする遠藤。

 



 

ここまでくると制裁ではなく処刑です。
悲痛な面持ちで黒崎に真意を尋ねる遠藤。

 

最初は何を言っているのか黒崎でしたが、その意味を理解すると遠藤に「刺す」とまず言います。
これを聞いて爪の間に針を通す「血のマニキュア」を連想する遠藤。

 

 

しかも、その後は「焼く」とまで続けます。

 

 

あの「焼き土下座」までのダブル制裁に、せめて爪の間を刺す方だけと遠藤も泣きが入りました。
しかし、黒崎の「刺す」は削った竹で口から「貫く」、さらに「火あぶり」までもです。

 

 

車は中央道を下りて30分のキャンプ場に到着しました。
そこで黒服が焼いた肉に、竹串で口から貫かれ焼かれた鮎の塩焼きがありました。

 

 

着替えてキャンプを満喫する黒崎。
しかしスーツコートのまま鮎の塩焼きを食べる遠藤でした。

 

 

黒崎に意地悪された意趣返しは、遠藤のささやかな抵抗でした。

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

賭博堕天録カイジ 24億脱出編のネタバレ感想

賭博堕天録カイジ 24億脱出編の最新刊をチェックは・・ここ

 

電話ノイローゼに胃痛と心労が絶えない遠藤。 制裁をイメージして、鞭打ちはともかく、懐かしの血のマニキュアに焼き土下座。

 

シャレにならない制裁も「カイジ」という作品ならばあり得るだけに遠藤の狼狽ぶりがよく分かります。 最後は生き埋めまで想像させる帝愛グループのブラックぶり。

 

黒崎も途中から遠藤が制裁に怯えているのを知り、わざと思わせぶりな発言をして楽しんでいるようにも感じました。腹の見えない男ならではです。