週刊ヤングマガジンで連載中の『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』

2019年9月9日発売の41号に掲載された

最新話、第329話のネタバレです!

 

賭博堕天録カイジ 24億脱出編の最新刊をチェックは・・ここ

 

スポンサーリンク





賭博堕天録カイジ 24億脱出編【329話】ネタバレ


 

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

カイジ【329話】布令

 

帝愛の債務者である中阪の通報により、茨城県の銀行で発見されたカイジ。

 

すぐさま遠藤は現地に向かいますが、キャンピングカーでの移動とは知らずカイジたちは脱出に成功。

 

こうして空振りに終わった茨城遠征。

 

 

東京に戻った遠藤は、この中阪なる人物が本当にカイジを見たのか確認のヒアリングをしています。
一応、外見的特徴は間違いなさそうです。

 

 

遠藤は中阪から話を聞いて、こんなピンボケヤローでなければと思っています。
本来ならばカイジを捕獲して苦役からの解放。

 

 

 

捜査本部は解散に報酬の運びとなるはずだったと。
しかも中阪はカイジ通報の金一封を要求します。

 

 

これには呆れる遠藤ですが、そこはポケットマネーで10万円を支払い退室させると、塩撒いておけ、とまで言うのです。

 



 

無報酬で子犬のように追い払われたなどと、話が触れ回っては困ります。
まだまだ帝愛の債務者たちによる協力は必要不可欠。

 

 

少なくとも中阪の証言から、カイジが銀行で目撃されたのは現金の圧縮化をしていると、遠藤は想像の範疇でありながら推察します。

 

 

おそらくはほどほどの2000万円程度を預金額として、24億円を預金化している途中だと言うのです。

 

 

そこで帝愛の全債務者に新たな布令が出されることになりました。
張り込みポイントはBBSで、Bのバンク、銀行の張り込み強化を指示する遠藤。

 

 

カイジたちを見つけてもノースピーク、ノーコンタクトと、まるで野生生物を発見するかのようにです。

 

 

新しいビラの効果は絶大で、カイジ発見の連絡が日本中よりかかってきます。
連絡を受けて現場に帝愛ローンの黒服が駆けつけますが、その通報の全てがデマや誤報。

 

 

この強化プロジェクトはまたも不発。
ついには3日も過ぎると捜査本部も厭世感MAX。

 

 

通報の連絡を聞くたびに、ぬか喜びと肩透かしの繰り返しになる遠藤は、ついにはテレホンノイローゼに!

 

 

「電話のない国に行きたい」
意外とデリケートな遠藤は、不毛な電話連絡に病んでしまいました。

 

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

賭博堕天録カイジ 24億脱出編のネタバレ感想

賭博堕天録カイジ 24億脱出編の最新刊をチェックは・・ここ

 

ついに病んでしまう遠藤。 それでなくても中阪への報酬を身銭を切って払うなど中間管理職の悲哀が感じられます。 遠藤の作戦自体は悪くはなかったのですが、協力相手が悪すぎました。

 

もしかしたらのダメ元で連絡する程度と、何とかしてもカイジを捕まえるという、温度差の違いが結果的に帝愛側の職員たちに嫌気をもたらしてしまいました。

 

電話作戦の失敗で心が折れ、今後の業務遂行に疑問が出てきました。入院しなければ良いのですが。