週間少年マガジンで連載中の「線は、僕を描く」

最新話となる14話のネタバレと感想を書きました。

2019年9月25日発売の43号に掲載されてた内容となります。

 

 


『線は、僕を描く』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





線は、僕を描く【14話】最新話のネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

14話「森羅万象」

 

西濱が描く絵に今までになく強く惹かれている霜介は、西濱の絵にある美しさ以外のものが何なのか気づきます。

 

それは”命”。

 

 

西濱湖峰の命そのものをぶつけた生きている花の絵。

 

 

霜介は高鳴る胸を押さえながら、新しく気づかされた絵が持つ力に圧倒されます。絵を描き上げた西濱に、湖山は何かをいいことがあったのか聞く湖山。

 

 

茜に会えたことで、今日は終始うきうきしていた西濱ですが、そのことは笑って誤魔化します。

 

 

そんな間も西濱の絵を見つめ続ける霜介は、西濱の絵にはどのような技が使われているのかを考えます。完成度では明らかに斉藤湖栖の絵のほうが上なのに、西濱の絵には到底敵わないように見えます。

 

 

そもそも西濱の絵の凄さは技によるものなのだろうかと思った霜介。

 

 

湖山はそんな霜介、そして湖栖と千瑛を相手に、湖山は水墨画は森羅万象、つまり宇宙を描く絵画だと話し始めます。宇宙とは現象、つまり自分達の外側にあるもの。

 

 

現象は外側にしかないものなのでしょうか。

 



 

それならば心の内側に宇宙はないのだろうか?湖山は心の内側を見ろと伝えてきたのです。

 

その瞬間、霜介の頭の中に思い浮かんだのは、両親をなくして一人ぼっちになったときの自分です。帰る場所を失った当時の記憶がフラッシュバックしましたが、湖山の声で今に戻ってきます。

 

 

その日の指導が終わり、霜介は友達はもちろん千瑛ともしばらく距離をおき今まで向き合ってこられなかった過去と向き合っていました。

 

 

同じように水墨画について深く考えていた千瑛ですが、千瑛は西濱や霜介がどうして少しの感情の揺れを筆に乗せることができるのかさっぱりわかりません。

 

 

悩んだ末、千瑛は霜介の家の前に来ていました。千瑛が久々に見た霜介の表情は、かつて見せたことのある悲しい表情。

 

心配からか、どうしたの?と聞く千瑛に、霜介は言葉で伝えるよりも、表情や雰囲気だけで気づいてくれる千瑛には水墨画で見てもらったほうがいいと思い、今から描く水墨画を千瑛に見てもらうことにします。

 

『線は、僕を描く』などマガジンをすぐに無料で読む

 

線は、僕を描くの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

線は、僕を描く【14話】最新話のネタバレ感想

 

霜介が”水墨画”というものに対しての認識を大きく変えるターニングポイントになる回となりました。そして、以前からちょくちょく語られてきた、霜介の過去についてついに本格的に語られるときがやって来たようです。

今から描く霜介の水墨画にはどれ程の気持ちが込められるのでしょう。かつてのような、悲しさだけの水墨画にはならないと思いますが、その悲しさの先に何を見つけたのかが予想できなくて、とても次回が気になります。