ビッグコミックで連載中の【空母いぶき】12月25日発売 第1号に掲載された92話のネタバレを紹介します。

実写映画化が決定した2019年に公開される予定となっています。

 

最新刊の空母いぶきの立ち読みは・・・こちら

20XY年、尖閣諸島沖で海上自衛隊と中国海軍が衝突!!
その戦闘は回避したものの、危機感を募らせた日本政府は、
最新鋭戦闘機を搭載した事実上の空母「いぶき」を就役させ、
新艦隊を編成した──────!!
艦長は、空自出身の男・秋津。隣国との緊迫が増す中、
秋津は、そして日本はどう動くのか──────!?『空母いぶき』

作者:かわぐちかいじ
原案協力: 惠谷 治

 

空母いぶき【11巻】発売日

 

スポンサーリンク





空母いぶき 第92話ネタバレ

空母いぶき【91話】「特命」

 

第92ソーティ 11対35 

 

「言いたいことは家を出るときに伝えてある。

 

「出撃に際しては何も残さない」

 

「それが私のルーティーンだ」迫水は言い放った。

 

 

つまり、家を出るときに

 

すでに覚悟はできているということだ。

 

 

情報では「広東」から

30機以上の発刊が確認され、しかも2つの固まりになって向かってきている。

 

いぶき隊と同じく前衛が迎撃、

後衛が「いぶき」への攻撃豚であろう。

 

 

敵の前衛隊、

つまり迎撃対が2隊に分離して、10機が上昇、10機が下降しだした。

 

 

今まで見せなかった上下に別れるという動きをした。

高空と低空から迎撃するつもりか。

 

 

敵にこちらの位置を

探知させないための無線封止のなか、アルバトロス隊はどのように対応するのか。

 

 

敵はアルバトロス隊が上下に対応して、分散すると読んでいる。

 

これは迎撃隊を分散させるための策略だ。

 

アルバトロス隊は攻撃のための行動を開始した。

 

全機隊長機に続いて上昇した。上の機をやる!!

 

指示はこうだ!!

 

各機2機ずつ攻撃目標を決めろ。

 

武器は射程70㎞以上の長距離対空ミサイルAMRAAMだ。

 

発射位置につくと

同時にミサイルを2機ずつ放ち同時攻撃を行う。

 

 

敵はまだアルバトロスの位置を把握していない。

 

ミサイルを打てば敵もこちらの位置を把握する。

 

これが空戦の合図となる。

 

敵との距離80㎞、ロックオン!!

 

全機ミサイル発射!!

 

 

一方、日本国内では外交の交渉が続く。

 

 

馬大校は

アメリカ第7艦隊の北上に対し、対抗する用意があるという。

 

しかし、中国の東海および南海艦隊に北海艦隊支援の動きはない。

 

馬大校の真の狙いは、

この最大の有事への日本の対応を

見極め真の姿のカギを得るために日本に残ったという。

 

 

アルバトロス隊の放った10機のミサイルが敵機に接近した。

 

しかしすべてがチャフ回避機動でかわされた。

 

敵の戦闘技量は上がっている。

 

今度は家期の低空からの

ミサイル20基がすべてロックオンされた。

 

この尖閣諸島上空の空戦状況を首相官邸も把握していた。

 

首相は決断した。

 

「この決戦を公表し、国民に知らせよう。国民は知るべきだ」

空母いぶき【11巻】発売日

 

空母いぶき 最新話のネタバレと次回の予想

敵機に放った20機のミサイルはことごとくかわされた。

 

11機対35機という数的にも

圧倒的に不利な状況下で、敵の交戦技量は上がってきている。

 

しかも今度は逆に、

下方の敵機から20機のミサイルがロックオンされた。

 

アルバトロス隊、スパロウ隊の命運はどうなるのか。

 

目標とする「広東」まで

たどり着き戦闘能力を奪うことが出来るのか。

 

 

また、明らかに

首謀者の一人とみられる馬大校の本当の狙いは何か。

 

この事態から首相が判断した

国民への告知はどのような反応となって表れるのか。

 

刻々と時は経過する。

空母いぶき【11巻】発売日