ビッグコミックオリジナルで連載中の

新黒沢 最強伝説の最新話155話のネタバレを紹介します。

2019年10月20に発売された第21号の内容です。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら


『新黒沢最強伝説』最新号を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





新黒沢最強伝説【155話】最新話のネタバレ

 

新黒沢 最強伝説【154話】ネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

第155話「あの人」

 

恋之助は倒木の枝につかまりながら、黒沢!!黒沢!!と叫んだ。

 

 

突然、牙をむいた川が瞬時に、中洲を呑み込んだ。

 

 

その原因は、ダムの放流などではない。

 

ほんの2時間前に上流で降ったゲリラ豪雨による増水、それが川の増水を生み、突如に濁流が押し寄せた。

 

 

マダムや門弟たちは何とか難を逃れたが、その激流、濁流に呑み込まれたのは黒沢と恋之助の2人だった。

 

そしてなんと黒沢は恋之助が助かるように、恋之助の尻を蹴飛ばして、倒木の枝につかまることができるようにしたのだ。

 

 

恋之助の尻を蹴飛ばした黒沢は、その反動でますます岸からは遠ざかることになり、濁流に飲まれて姿が見えなくなってしまった。

 

 

恋之助は必死に黒沢の名前を呼び、姿を探したが見つからない。そこに門弟が駆けつけてきた。

 

 

門弟たちも、恋之助が見つかるはずがないと、必死には走らず、ただ形だけを整えていた。しかし、恋之助は枝につかまり、生きていたのだ。

 

 

20分もすると川の増水の勢いも衰え、水量も減って中洲さえその姿を現した。

 



 

 

おばばは、悪夢の中にいた。今、目の前でかわいい恋之助が濁流に呑まれて流されていった。あの状態では助かっているはずがない。

 

 

涙を浮かべながら、神林を呼ぶ。

 

恋之助が!!

 

恋之助が!!

 

 

しかし、そこに、当の恋之助がフラフラとよろめきながら岸部を歩いてきた。

 

 

おばばはたまらず、駆け寄り、恋之助に抱きつく!!体をまさぐりながら、顔をたたきながら、幽霊ではない事を確かめている。

 

 

神林はその恋之助の姿を見て、恋之助の運の強さを確信した。

 

神林にとってはこれはチャンスでしかない。マイクは手にないため、大声で叫ぶ。

 

マダム!!

 

マダム!!

 

恋之助が帰ってまいりました!!

 

 

死ぬしかないような、濁流に呑み込まれ、死線を乗り越えて生還しました!!

 

 

この事実は恋之助は神の子であることの証明です。

 

人知を超えた強運、天運、それを恋之助は持っているのです。恋之助は、実は古武道である甲冑をつけて泳ぐ戦泳法の達人なのです。

 

恋之助は神林の声を聴きながら、ほかのことに心を奪われていた。黒沢の行方である。

 

『新黒沢最強伝説』ビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

新黒沢 最強伝説の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

新黒沢最強伝説 155話ネタバレの感想

 

思わぬ自然災害にのまれた黒沢と恋之助は、その運命が分かれた。黒沢は行方が分からず、恋之助は中洲のマダムやおばばの前に生還した。

 

神林はすかさず、それを恋之助の天運として利用し、自分たちの一派の正当性として利用しようとした。しかし、恋之助は変わり始めている。木刀による真剣白刃取りの決闘を始めてから、恋之助は逃げなくなってきた。真剣にそれに向かうようになってきた。

 

それを見た黒沢が、恋之助の変化に気づき、濁流にのまれながらも、恋之助だけは生き延びるようにと配慮した。果たして黒沢は!?

 

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら