ビッグコミックオリジナルで連載中の

新黒沢 最強伝説の最新話148話のネタバレを紹介します。

2019年7月5日に発売された第14号の内容です。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら


『新黒沢最強伝説』最新号を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





新黒沢最強伝説【148話】最新話のネタバレ

 

新黒沢 最強伝説【147話】ネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

第148話「捨て」

 

 

今までさんざん卑怯な手や、ずるい手でダマされ、死ぬような目にあわされながら最後の真剣白刃取りに向かう恋之介の表情を見て、黒沢の恋之介に対する誤解は行きつくところまで行ってしまった。

 

 

黒沢は仲間が用意してくれた仕掛けを手放した。

 

仲間は黒沢の心配をして、用意してくれた。

 

 

そして散々それで木刀を受ける練習にも付き合ってくれた。

 

済まない!!

 

 

本当に済まない!!

 

 

でもこうするしかないのだ。

 

 

仲間はきっとわかってくれると思う。

 

いよいよサドンデスの真剣白刃取りが始まる。

神林は二人に位置に着くように促す。

 

恋之介が先攻だ。

 

恋之介は考える。

 

 

目の前にいるこいつは山中で出くわした人食いぐまだ。

 

 

手にした日本刀でそのクマを殺さない限り、自分の明日はない。

 

 

殺さない限り、俺が殺されるのだ。

 

 

殺して良し!!

 

殺して良し!!

 

良し!!

 

良し!!

 

良し!!

 

良し!!

 

良し!!

 

 



 

 

恋之介はじりじりと黒沢に迫る!!

 

 

ぶちぬけ!!

 

 

恋之介!!

 

 

実は神林に誤算があった。

 

 

実はこれとほぼ同じような体験を、黒沢は経験済みなのだ。

 

神林が言った、黒沢は真剣白刃取りの達人という言葉や、過去に経験しているという発言はすべてマダムたちに公平な戦いであることを、思わせるための出まかせの一つなのだ。

 

 

しかし、神林の致命的な誤算は、

同じような状況をまさか黒沢が経験しているとは思っても見ないことだ。

 

 

黒沢にとってはその経験が

今回のアドバンテージであり、その経験によって黒沢が出来ることと出来ないことを知っていることだ。

 

 

黒沢は知っている。

 

 

渾身の力で振り下ろした木刀を

その途中でつかむなんてことは出来るはずがないのだ。

 

 

つかめると言う発想はすでに

「捨て」別の発想で生き残りにかけることにしたのだ。

 

 

そして黒沢はじりじりと恋之助に近付く。

 

恋之助に迫る。

 

目標は手元だ。

 

手元であれば掴まなくても、押さえることが出来るかもしれない。

 

 

打たれるだろうけれども、致命傷は避けられるかもしれない。

 

それが唯一の目標であり、希望だ。

 

『新黒沢最強伝説』ビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

新黒沢 最強伝説の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

新黒沢最強伝説 148話ネタバレの感想

 

恋之助が真剣に向き合おうとしているのは、自分の人生を邪魔する黒沢を排除することにガチになっているのだ。それを黒沢は誤解してしまった。

 

そしていよいよ真剣白刃取りが始まった。黒沢は仲間の用意してくれた、そして練習に付き合ってくれた道具を手放し、ガチに向き合うことにした。神林には散々騙された。しかし、その神林さえ知らないのは黒沢がほぼ同じような状況をすでに経験していると言う事だ。

 

黒沢はその時の経験を思い出しながら、じりじりと恋之介に迫る。恋之介は逆に迫る黒沢に焦る。さて、どうなるのか?

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら