ビッグコミックオリジナルで連載中の

新黒沢 最強伝説の最新話145話のネタバレを紹介します。

2019年5月20日に発売された第11号の内容です。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら


『新黒沢最強伝説』最新号を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


スポンサーリンク





新黒沢最強伝説【145話】最新話のネタバレ

新黒沢 最強伝説【144話】ネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第145話「のネタバレ」

 

 

この延長戦、つまり木刀による真剣白刃取りのデスマッチはガチだ。どう転ぶかわからない。どちらかあるいは両方とも致命傷を負う可能性がある。

 

恋之助はそんな事態に慣れていない。生まれてから今まで、誰かがそばにいて、助けてくれた。今夜の決闘でも、様々な仕掛けが施されていた。

 

 

目くらまし、電気で感電させ身動きが出来なくなるような仕掛けなどに助けられてきた。

 

 

しかし、今恋之助は運命の前に立ってガチに闘おうとしている。それだから、あのような暗鬱な、ふさぎ込んだ表情になっている。やることは“打つ”ことだけだ。

 

 

しかし強ければ相手を殺してしまう可能性があり、その時は未必の故意で手が後ろに回るかもしれない。かといって力を入れなければ、相手に余力を残すことになり攻撃が相手の番になり、逆にこちらが殺されるかもしれない。

 

同じ罪でも、相手はホームレスでダメージは少なく、恋之助の場合は人生が変わってしまうほどの衝撃となる。

 

 

この二律背反は非常に悩ましい。人生をかけた一撃となる。恋之助はその不確定な、見えない未来に震えているのだ。

 

 

その点、黒沢は50号のテグスを5本より合わせた防御のための道具を持ち、しかも散々練習してきた。

 

そういう意味では黒沢のリスクはまだ小さくお気楽だと言えるだろう。

 

いや、ちょっと待てよ!?

 

何かおかしい!?

 

黒沢が道具を使ってうまく立ち回って相手を打ち負かす!?

 

 

それは今までさんざん黒沢が受けてきた世間のカラクリの仕組みではないのか。何かわからないが、そんな一部の人間だけがいい目を見て、多くの人間がつらい思いをする。

 

 

それこそ黒沢たちが絶望してきた世界の仕組みなのではないか?!

 

 

それで本当に良いのか!?

 

今までさんざん辛い思いをさせられた俺たちが今度はヒトにそれをするのか?!いま、震えている相手はただガチで立ち向かおうとしている若者だ。

 

それに対して黒沢は“仕掛け”で勝とうとしているのか?

 

いや、黒沢たちには世の中のうまく立ち回る人間にはない“プライド”がある。ガチにはガチで勝つのだ。

『新黒沢最強伝説』ビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

新黒沢 最強伝説の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

新黒沢最強伝説 145話ネタバレの感想

 

黒沢は恋之助を良い人間だと思うようになってきている。

 

あれほどダマされ、バカにされたことを忘れ、庇おうとしている、確かに黒沢たちはひどい目にあわされてきた。

 

人生の落後者であるように扱われ、負け犬だと言われ、扱われてきた。

 

その恨みは骨髄に染みているはずだ。それでも恋之助との勝負を仕掛けに頼らず、ガチに受けようとしている。

 

黒沢よ!!

 

気づかなくてはいけない!!

黒沢が後攻になったのは、相変わらず神林のインチキによって仕組まれたものなのだ。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら