ビッグコミックオリジナルで連載中の

新黒沢 最強伝説の最新話144話のネタバレを紹介します。

2019年5月2日に発売された第10号の内容です。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





新黒沢最強伝説【144話】最新話のネタバレ

新黒沢 最強伝説【143話】ネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第144話「憐憫」

 

恋之助を見ると自分が打たれるわけでもないのに、すごく緊張している。

 

考えてみるとやむを得ないことかもしれない。

 

恋之助にとって、いや誰にとっても人の頭に木刀を打ちおろす事など初めての経験だ。

 

特に黒沢が特別に準備した釣り糸50号テグスを5本もより合わせた防御のための道具を持っていることを知らないだけに緊張するだろう。

 

下手をすると人一人を殺すことになってしまい、手が後ろに回ることもあるかもしれない。いわゆる未必の故意と言うやつだ。

 

ホームレスに対する哀れも感じているかもしれない。同情・憂い・心労が恋之助をおそっているのか?そう考えると恋之助は案外いい奴かもしれない。

 

黒沢は恋之助に近付き木刀を見せてくれと頼む。

 

一般的な、普通の木刀かどうかを確かめておかなければならない。

 

そうでなければ、準備し練習を重ねた防御ラインでも防ぐことが出来ない可能性がある。恋之助は黒沢に木刀を渡した。

 

 

黒沢は確かめるが重さも硬さも練習に使った木刀と変わりはない。ごく普通の木刀だ。そこで黒沢は気が付いた。恋之助には防御の時に出来る、

 



 

輪の食い込みによる親指付け根の傷がない。

 

右手、左手の両方ともない。これはどういうことなのだ?恋之助は防御の練習を全くしていないのか?これはどう考えたらよいのか。

 

恋之助が木像相手に打つ練習を散々しているのは間違いがない。

 

しかし、受けの練習を全くしていないのは、とにかく先攻して、先に打撃を行いその一太刀で決めると言う一撃主義だ。

 

自分が受ける側に回ることを全く想定していないと言う事だ。しかし先攻、後攻を決めるコイントスは、どちらが出るかはわからない。

 

と言う事は恋之助は神林に放ったらかされているのか。

 

神林は今までの戦いは何かと面倒を見て卑怯なこともしてきたが、この延長戦の真剣白刃取りについては恋之助の面倒を見ていないのか?

 

恋之助に勝手にやれと言う事なのか?

 

 

だから、表情が近著王して暗い、重い表情をして神妙面をしているのか?

 

『新黒沢最強伝説』ビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

新黒沢 最強伝説の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

新黒沢最強伝説 144話ネタバレの感想

 

黒沢はここにきて恋之助をいい奴かもしれないと思い始めている。恋

 

之介の暗い、緊張した表情の意味は分からないが今までの戦いを見ても決して良い奴だとは思えない。黒沢はコイントスのトリック、インチキを知らないからこんなことを考えてしまうのだ。

 

それよりも、黒沢がチェックして触った木刀を、けがれたと言って川で洗っている神林が気になる。

川の水を吸わせて、木刀を重くするための策か?

 

それとも川の中に隠してある木刀と差し替えるつもりなのか?

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら