ビッグコミックオリジナルで連載中の

新黒沢 最強伝説の最新話138話のネタバレを紹介します。

2019年2月5日に発売された第4号の内容です。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





新黒沢最強伝説【138話】最新話のネタバレ

新黒沢 最強伝説【137話】ネタバレ!「熱弁」

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第138話「ビンゴ」

 

神林は言い出した。

 

今回の決着の付け方は、本来は日本刀による真剣白刃取りをすべきだが、木刀の白刃取りによって決着をつけるのだと。名付けて、木刀・脳天唐竹割サドンデス。

 

マダムたちは騒ぎ出した。恋之助、黒沢が木刀で頭を打ち付けられ、血を流す姿が目に浮かぶ。エグすぎる。黒沢は良いとして、恋之介も打たれるのだ。

 

そうして頭をかち割られ、血を流す。そんなことは我慢できない。しかし、安心してと横のマダムが言い出す。恋之介は大丈夫よ。

 

だって恋之介は真剣白刃取りの達人、だから一撃も食らわないはずよ。なるほど、それなら安心だわ。やれっ!!やれっ!!でもちょっと待ってよ。

 

それなら恋之助に有利過ぎないかな。真剣白刃取りの名人と素人では不公平過ぎないの。神林は慌てた。マダム、誤解です。

 

実は黒沢は剣術は未熟ですが、真剣白刃取りだけは大変な手練れなのです。マダムたちは騒ぎ出す。そんなの嘘よ。

 

だってあの技は究極の精神集中、明鏡止水で心が崇高な持ち主にしか出来ない技のはず。黒沢がそんなことが出来るはずがない。神林はまた慌てた。

 

すいません。説明不足でした。

 

実は黒沢がやるのは、真剣白刃取りもどき、疑似!似非!模倣!なのです。そのえせ技で一部のワルガキからは尊敬の念を、持たれているのです。

 

これは業界では知らないものがいない事実なのです。うそーっ!!そんなことはこれまで一言も言ってなかったじゃない。

 

また、とってつけたような話をするの。マダムたちもいよいよ神林を疑い出した。しかし、神林もただものではない。私がいままで一度でもマダムたちに嘘をついたことがありましたか?有りません。

 

例えば黒沢のこの頭のこぶを見てください。

 

これは真剣白刃取りの練習で、悪ガキが振り下ろしたバットを受けそこなって出来たこぶです。神林に神が舞い降りた。

 

出まかせの作り話が、ほぼ事実に近い!!

 

奇跡的なビンゴだ!!これで問題はない。

 

恋之介はこれを承知の上だが、黒沢が受けるかどうか。なんと、黒沢は自分からやると言い出した。

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!


新黒沢 最強伝説 ネタバレの感想

神林の見事な話術で、マダムたち全員を丸め込み、計画通りの木刀サドンデスに持ち込んだ。しかし、神林が普通の公平な戦いの計画を持ち出すはずがない。

 

どのようなカラクリが隠されているのか。恋之助も事前に聞いていたとはいえ、これほどすんなり受けるという事は、よほど恋之助に有利な戦いに違いない。

 

黒沢はこれまで数々の仕掛けとカラクリを自分の身で受けながらクリアーしてきたが、今回もすべて見破りながら、戦いに勝利できるのだろうか。いよいよクライマックスが近づいた。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら