週刊ヤングマガジンで連載中の『彼岸島48日後・・・』

2022年1月31日発売の9号に掲載された

最新話、第311話のネタバレです!

 


『彼岸島48日後・・・』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





彼岸島48日後・・・【311話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

彼岸島48日後・・・ネタバレ

 

第311話 ピラミッド

 

吸血鬼の楽園と化したお台場に入り、遂にハンディを捕らえた明たち。
しかし、そこである事実が発覚する。

 

 

それは豹丸の過去だ。
かつては雅に戦いを挑むほど、暴力性の塊だった豹丸。

 

 

しかし、彼はある能力によって変化していた。
それは、食べた相手の力を得る能力…。

 

 

なんと豹丸は、希たちの兄を食べていたのだ。
人間の英雄と呼ばれるほど、リーダーシップを発揮した兄。

 

 

豹丸はその兄の知能を得たことで、吸血鬼の楽園を作り上げていた。
その事実を知り、泣き崩れる希。

 

 

弟の聡に泣きつき、初めて弱さを見せる。
そんな希を励ましたのは…まさかの鮫島!?

 

 

犬猿の仲だった2人だが、血の楽園に入ってから互いを認め合っていた。
鮫島に慰められ、立ち上がった希。

 

 

明たちは豹丸を倒すため、さらに奥を目指す。
ハンディに案内役をさせ、辿り着いたのはある部屋。

 

 

そこは裁判所だった。

 

 

さらには刑務所や警察署などもあり、血の楽園は国家として成り立ったいる様子。
鮫島はそれを統治する豹丸を、本当にしっかりしていると感じる。

 

 

そんな頭脳だけではなく、残虐性と強さも兼ね備えていると話すのはハンディ。
ハンディの言葉を聞き、ネズミは震え上がるのだった。

 



 

彼岸島48日後・・・立ち読みはこちら

一同が話しながら進んでいると、急に立ち止まる聡。
目が見えない聡は涙を流し、ある匂いがすると言うのだ。

 

 

それは…かつて愛した兄の匂い…。
兄を食べた豹丸をが発する匂いだと感じた明たちは、聡に案内されてある空間に出た。

 

 

建物のそとには、巨大なピラミッド!?

 

 

その頂上に、豹丸の姿が!!
見つけたと呟く明と、豹丸の視線がぶつかる…。

『彼岸島48日後・・・』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


彼岸島48日後・・・【311話】

 

雅の息子である豹丸を倒すため、血の楽園に入った明たち。 そこで行動を共にしていた希と聡の兄が、豹丸に食べられていたことが明らかになります。

 

この事実が発覚したことで、全員が豹丸を倒すという意思の元に団結! 多くの障害を乗り越え、遂に豹丸へと辿り着きました!!