週刊ヤングマガジンで連載中の『彼岸島48日後・・・』

2019年11月2日発売の48号に掲載された

最新話、第222話のネタバレです!

 


『彼岸島48日後・・・』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





彼岸島48日後・・・【222話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

彼岸島48日後・・・ネタバレ

 

第222話 I.R.T

 

国会議事堂に行くことを提案する鮫島に同意する明。
しかし、勝次たちが空腹なので腹ごしらえできるところがないかを探し始めます。

 

ユカポンを見た何かに気付いた牢にいた人たち。
それは依然ここで首輪をつけて裸で歩かされていたを見たことがあったのでした。

 

 

その話を聞いて気分を悪くするユカポン本人。
少し落ち着いたのか、彼女は語り始めます。

 

 

まず、池袋で殺した吸血鬼に捕まっていたこと。
上野に来てからずっと気分を悪くしていた理由はそのことがトラウマだったからでした。

 

 

しかし、みんなの役に立ちたいという気持ちで今まで行動していました。
そんなユカポンは公園から見える1棟のマンションを指さします。

 

 

IRTと称して7階にアイドルを監禁していたというのでした。
ネーミングセンスに怒りを覚える鮫島。

 

 

そして、ネズミはIRTの吸血鬼の討伐を提案しますが明はそれを受け入れません。
しかし、空腹なので吸血鬼を倒してから食料調達という目的で向かおうとするのでした。

 

 

IRTについた一同。
7階へ向かう最中、震えが止まらず過去のトラウマと戦うユカポン。

 

 

目的の7階についた瞬間限界に達したのかよろけてしまいます。
その直後、目の前の部屋から吸血鬼が現れ、ユカポンに気付きます。

 



 

吸血鬼を見て彼女は恐怖します。
そして、ユカポンを襲おうとする吸血鬼に対して臨戦態勢の鮫島。

 

 

その瞬間、ユカポンが恐怖に打ち勝つために吸血鬼に罵声を浴びせます。
その恐怖に打ち勝とうとした努力に感銘を受けた鮫島は彼女のことを褒めます。

 

 

ユカポンの勇気ある行動で怒りに満ちた吸血鬼は仲間を呼びます。
しかし、明の前では無力で滅多切りにされます。

 

 

助けてもらった女性たちは感謝の言葉を贈りますが、必死になって食料を探す鮫島。
そして、彼女は彼らが国会議事堂に行くのかと質問します。

 

 

鮫島の返答を聞いて彼女は集落のボスのことを話し始めます。
ボスは蟲の王と呼ばれていたという発言に対して明と鮫島はどんな奴なのか疑問に思うのでした。

『彼岸島48日後・・・』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


彼岸島48日後・・・【222話】の感想

 

前話でユカポンが気分悪くする描写がありましたが、明の吸血鬼を容赦なく斬る行為に恐怖していたのかと思いましたが、まさか以前ここで捕まっていたという展開。

 

よく考えてみると、明が吸血鬼を倒すところは何度も見ているので別の理由というのは予測できたかもしれません。そして、捕まっていた女性が言う蟲の王アマルガムだと思うのですが、今までに登場した斧神が牛、姑獲鳥が鳥の顔なので、蟲の王は虫のような形相なのではないかと思います。

 

実際どんな姿なのか早く知りたいです。