呪術廻戦【第51話】は

2019年3月18日発売日の週刊少年ジャンプ16号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。

 

スポンサーリンク





呪術廻戦 51話 最新話のネタバレ

 

呪術廻戦【50話】ネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

呪術廻戦【5巻】発売日は?

 

第51話「供花」

花御を2人掛かりで攻め続ける虎杖と東堂。花御も二人の追撃に反撃をする展開が続きます。
徐々に花御も東堂と虎杖に木の棘や拳で反撃が当たり出します。

 

反撃されながらも虎杖と東堂の息は合っていました。

 

 

そんな花御はここまで手傷を負ったのは初めてでありながらも、戦いの中に楽しみを見出しているようでした。

 

花御はここで巨大で呪力を纏った種子をつけた木を出し、種子は飛ばす事が出来るようでした。

 

 

それを見て東堂は手を叩き、花御と虎杖を入れ替えました。
東堂の術式である不戯遊戯(ブギウギ)は自分以外の者同士で入れ替えが可能である事に花御は驚きます。

 

虎杖を庇った東堂は、本気で固めた肉体と呪力で種子を弾こうとします。

 

 

なぜか教室空間に制服の東堂に対し「本当に?」と問いかける女子高生がいました。
「たっ、高田ちゃん!!!」

 

 

東堂は驚きますが、高田ちゃんは東堂に伏黒の傷を覚えているか確認します。

 

東堂は高田ちゃんのヒントから伏黒が撃ち込まれた種子がちょっと成長してた事は、相手が呪霊だから一番可能性が高い理由は呪力であると結論を出します。

 

そして呪力を解き肉体だけで種子攻撃に耐える東堂。花御は東堂が種子の特性に気付いた事に驚きます。

 

東堂と花御のやり取りの隙を見て、虎杖が花御に攻撃し東堂も続きます。

 

東堂は脳内で不戯遊戯の術式対象について語り出します。

 

不戯遊戯が入れ替え可能なのは術式範囲内の、呪骸などの無生物など含めた「一定以上の呪力を持ったモノ」が術式の対象でした。

 

戦闘しながらある場所に戻ってきた事を確認した東堂は手を叩き、虎杖とある物を入れ替えました。

 

東堂と伏黒は「川底に真希さんの特級呪具。顔面の樹が格段に脆い」と会話していました。
虎杖は何と入れ替わったか分からず川にいる事に驚きます。

 

そして東堂は、真希の特級呪具である游雲で花御に攻撃をしました。
花御はすぐに木の棘で東堂に反撃します。

 



躱した東堂は、游雲で呪力を上乗せしても仕留めれない事に東堂は驚きます。

 

周りの木が枯れだし、花御の右腕は呪力を孕まない植物の命を奪い呪力へ変換し出しました。それは全て供花へ行きます。

 

花御の右肩の眼が開き呪力を溜めこみ出します。
駆け寄る虎杖に対し尋常じゃない呪力を感じ東堂は制止します。

 

 

花御は東堂の術式であれば容易に躱すことが出来る事はわかってた為、領域展開をするつもりのようでした。

 

その瞬間何者かに阻まれてしまいます。
東堂と虎杖も驚き空中に浮かんだ臨戦態勢の五条に目線を向けました。

 

呪術廻戦【5巻】発売日は?

最期に 呪術廻戦 最新話ネタバレ

 

呪術廻戦【51話】のネタバレ・感想を紹介しました。

毎話よんでいますが、王道展開で熱くなりますね。

 

また東堂の頭のキレと肉体の強さが出た回ではないでしょうか。頭の中でアイドルと会話するのにはさすがに笑ってしまいましたが。花御も強さの底が見えませんね。

 

東堂が特級呪具に呪力上乗せしていた攻撃を耐えてしまうのには驚きを隠せません。虎杖も前話で黒閃4連チャンを食らわせましたが最高記録に並んだだけだったのは少し残念です。

 

最後に五条が登場しバトルも加速することが予想されるので今後も楽しみです。

 

漫画の最新刊を無料で読む方法