週刊少年サンデーで連載中の「古見さんは、コミュ症です。」

2019年4月17日に発売され20号に掲載された最新話194話を読んだので感想や内容

ネタバレを紹介していきます。

古見さんは、コミュ症です。なので人付き合いがとても苦手です。でも友達が欲しい古見さん。人の気持ちを察するのが得意な只野くんが友達になり、その伝手で少しずつ友達がふえ、高校生活がだんだん楽しくなってきました。2年生になった沈黙の美少女・古見さんのコミュ症コメディー!!

スポンサーリンク





古見さんは、コミュ症です。【194話】最新話のネタバレ!

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

194話「花火です。」

 

 

花火の開始時間が近づき、只野と留美子は花火を見に行ってもいいと言われて一緒に見に行くことにします。

 

花火会場へ向かう二人は留美子が前を歩き、只野がその後ろを一言も話さず着いていきます。

 

何を話せばいいのか分からない只野は、屋台のバイト大変でしたねと話しかけますが、「…それな。」と返され返答に困ります。

 

只野は続いて宿題の話題を振りますが、またしても「…それな。」と返され、只野の苦笑いも「…それな。」と返されてしまいます。

 

留美子は只野との二人きりの状況に緊張し、なに話したらいいか分からないと思っていました。
「あ、そういえば。」と話しかけてきた只野に異常にびっくりして只野と向き合う留美子。

 

 

夏休みの海で彼氏ですと言ったことを「その…助けるためとはいえ…軽薄でした…」と謝ってきた只野に、「…ホントだよ。」と只野に背を見せるように方向転換して答えます。

 

「すみません…」と謝る只野に留美子は「ふふ。」と笑い、振り向きながら「ばーか。」と笑顔を見せます。

 

 

留美子が笑っていることを理解できない只野は頭に???を浮かべます。

 

金魚すくいをチラッと見た留美子に気がついた只野は、「やっていきますか?」と提案します。

「やっやらねーよ!!」と断りますが、笑顔の只野に、「ちょっとだけな!!」と言い、「只野も一緒にやろ!」と笑顔を見せます。

 

その姿は知り合いに見られていました。

 

二人が射的で遊んでいると、花火の音が聞こえてきました。
花火が始まってしまったことに焦って、花火会場へ走って向かう二人。

 

 



 

留美子は「別にイヤぢゃねーし!」と言い、「あ、海のことですか?」と察しのいい只野が答えます。

 

留美子はムダに察しがいいといい、「ムダ…?」と答える只野に、留美子は笑います。
その姿は知り合いに見られていました。

 

花火会場に到着すると古見と会います。
古見は花火大会からの客寄せを頼まれて来ていました。

 

 

留美子が一緒に屋台で買ってきたものを食べようと古見に勧めていると、花火が打ちあがります。
3人は一緒に花火を見上げたのでした。

 

『古見さんは、コミュ症です。』など少年サンデーをすぐに無料で読む

『古見さんは、コミュ症です。』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、少年サンデーも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
少年サンデーを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで少年サンデーを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

古見さんは、コミュ症です。【194話】最新話のネタバレ!感想

 

只野と留美子の二人の様子を色々な人に見られていて、どんなことを思ったのだろうと思いました。

 

只野との二人きりに照れて何も話せない留美子や、振り向いて「ばーか。」という姿、「只野も一緒にやろ!」と誘う姿が可愛らしかったです。

 

無駄に察しがいいと言われていた只野は、確かに察しがいいなと思いました。留美子はすごくよく笑っていて、お腹痛くなりそうと思いました。

 

花火を一緒に見た三人は、何を考えながら花火を見ているのかなと思いました。