週刊少年サンデーで連載中の「保安官エヴァンスの嘘」

2019年5月8日に発売された23号に掲載された最新話101話を読んだので感想や内容

ネタバレを紹介していきます。


 

『保安官エヴァンスの嘘』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





保安官エヴァンスの嘘【101話】最新話のネタバレ!

 

保安官エヴァンスの嘘/ネタバレ【100話】

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

101話「保安官の強さに疑いは無い」

 

 

郊外の山道では通行人を狙う盗賊に注意が必要。
夜中に一人で歩くケルシーに「家まで送って行くぞ?」とエヴァンスが声をかけます。

 

 

断るケルシーに「オレの馬に乗って行かないか?」と自分を指します。
エヴァンスにとって一般市民の安全を守るのは職務であり、今回はナンパも同然だった。

 

 

「お断りします。」と背を向けたケルシーは、振り向いて「本当に保安官なの?」と疑いながら銃を向けます。

 

 

「では、この人をご存じないですか!?」

 

「エルモア・エヴァンスさんです!」とテッドが紹介します。

 

ケルシーは「…本当に?私が聞いた話ではーー」

「銃弾を浴びても眉ひとつ動かさない熊のように屈強な男だと……」と聞かれます。

 

 

 

雑な伝言ゲームで話が大げさだが「屈強なのは事実だ。」とエヴァンスは答えます。
「なら証明して!」というケルシーに、エヴァンスは胸を思いっきり殴るように頼みます。

 

 

地面に倒れ、震えてよろつくエヴァンスを見て「眉ひとつ動かさないなんて!!」とケルシーがエヴァンスのことを信じ始めます。

 

「どんな脅威でもオレに任せろ。」と話すエヴァンスに「…霊とか。」と暗い顔で光る木の下をケルシーは指で示します。

 



 

お化けは御免のエヴァンスは「見に行くんだテッド。」と頼みます。

 

「熊ぐらい倒せるぞ。」と宣言するエヴァンスに「…それも証明できる?」と尋ねます。

 

「愛を証明するなら気持ちより物だ。」と言っていた父の言葉を思いだし、「わかった証明しよう。」と走り去るエヴァンス。

 

 

一人になったケルシーに「おやおやこんな所で1人?」と盗賊が声をかけます。
熊っぽい風貌にこっちが本物と悩むケルシー。

 

 

「いや、オレに任せろ。」と熊に乗ったエヴァンスが戻ってきます。
驚くケルシーに「市民の安全を買えるなら安いもんだ。」とかっこつけます。

 

 

「さっきの人影の正体は盗賊でした!」と盗賊を捕らえてテッドが戻ってきます。

 

安心して帰れるとケルシーは、熊に乗り「ありがとう!助かったよ!」と去っていったのでした。

 

『保安官エヴァンスの嘘』など少年サンデーをすぐに無料で読む

『保安官エヴァンスの嘘』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、少年サンデーも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
少年サンデーを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで少年サンデーを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

保安官エヴァンスの嘘【101話】最新話のネタバレ感想

 

エヴァンスが伝言ゲームで面白い伝わり方をしており、その伝言ゲームが自分だと証明するエヴァンスはすごいなと思いました。

 

テッドに思いっきり殴られてよろよろのエヴァンスを、眉ひとつ動かさないからエヴァンスなのと思うケルシーは面白かったです。

 

現れた盗賊は伝言ゲームで伝わっていたエヴァンスを意識していたのかなと思いました。熊をエヴァンスもケルシーも従えていて、猛獣使いの才能があるのかなと思いました。

 

熊に乗って帰るケルシーはかっこいいなと思いました。