週刊ビックコミックスで連載中のフォーシーム(漫画)
3月25日発売の第7号の最新話、第146話のネタバレです!

 

かつての豪速球投手・逢坂猛史36歳!! 王様気質で暴れん坊でバツイチで、峠を過ぎたと揶揄される先発投手!! 日本中が注目する大一番のマウンドで、交代を告げられた逢坂は、なんと自軍の監督をネックハンギング!! 至極当然どこからも見放される逢坂が、次なる戦場と定めたのは、なんとメジャーリーグだったから球界騒然ッ!!

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

スポンサーリンク





フォーシーム【漫画】 第146話のネタバレ

フォーシーム!第145話のネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第146話 「試合後」

ケンプがスーパープレーで助けてくれた。バントと読んで前進したが、バスターで下がり、しかも横っ飛びのキャッチだ。

 

打者が無理な体勢で打ったのでよろけている間に、トリプルプレーを完成させた。ケンプと逢坂は抱き合って喜ぶ。

 

ナインも全員飛び出し、ケンプと逢坂が抱き合って喜んでいるところへなだれ込む。今日はケンプデーだ。もみくちゃになっている。

 

手洗い祝福だ!!喜びが爆発している!!普段は仲の良くないケンプとパイエルも今日だけは特別だ。祝福のハイタッチをかわし、思わず顔を見合わせて、照れくさそうな顔をする。

 

パウエルは逢坂に対してわだかまりを持ちながらも、一応セーブはセーブだとハイタッチで評価する。アスリーツは6-5で勝利した。

 

奇跡的な勝利でゲーム差なしでフェアリーズと並んだ。アスリーツはとうとうフェアリーズのしっぽを捕まえた。あと1勝で地区優勝だ。

 

ナインは全員盛り上がりを見せ、オーウッ!!と応える。

 

スタンドでもアスリーツのマダムたちが盛り上がっている。

 

明日は優勝よ!!

 

明日も応援に来て、優勝のシャンパンファイトよ!!

 

ただ一人、盛り上がりの無いのはGMのビーズだ。

 

アスリーツが優勝する、しないとは関係なく、ビーズは逢坂がシーズンを通じてブロウンセーブが必ずあると見た。

 

今のアスリーツがポストシーズンも狙える状態にしたのはこのビーズの功績だと言ってもいい。

 



 

ビーズのチームへの愛着は強いものがあり、15年間GMをやってきたビーズが、逢坂をブロウンセーブゼロは無理だと見た眼力を信じられ無くなれば、ビーズそのものの存在自体が疑われる。

 

その頃、逢坂はマッサージルームでトレーナーの施術を受けていた。逢坂ももうボロボロである。FMのガーナーも逢坂をもう使いたくはない。

 

しかし、明日も投げなければならないだろう。逢坂は施術の最中に眠り込んでしまった。その眠り込んだ姿をGMのビーズがじっと見降ろしている。

 

何か考えを巡らせてるが、それは誰にも分らない。逢坂もその気配を感じて、意識だけは目覚めているようだ。

 

フォーシーム【漫画】 ネタバレの感想

アスリーツはとうとう、あと1勝で地区優勝できるところまで来た。この2イニングは奇跡とスーパープレーの連続だった。

8回は逢坂が天才と呼ばれる打者のハ-パーを10球も使って三振に打ち取り、9回はケンプのスーパープレーでトリプルプレーを達成した。

チームもナイン全員も、応援のマダムたちも最高の盛り上がりを見せており、この勢いで行けば、明日の試合に勝って地区優勝は間違いがない。

逢坂は約束通り年俸280兆ドルを獲得するのか?それとも・・・。

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!