週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる40話のネタバレと感想を書きました。

2019年4月10日発売の19号に掲載されてた内容となります。

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

スポンサーリンク





ヒットマン【40話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマン【39話】ネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

40話「敷島の変化」

 

新入社員の敷島は何かと剣崎のもとへ来るようになった。
わざわざ一番遠い席の剣崎に質問する敷島を不思議に思う剣崎。

 

隣の席の先輩社員の仲田か指導社員の綿貫に聞かないのかと問いかけるも敷島は強く否定する。
綿貫さんは忙しいし、仲田は胸元ばかり見てくるから気持ちが悪いのだ、と。

 

こっそり会話に聞き耳を立てていた仲田は屍と化すのだった。
ちなみに綿貫が読んでいるのは競馬新聞なのである。

 

居酒屋でその綿貫に剣崎の愚痴をいう敷島。
自分に仕事のことを聞いてもいいのに、という綿貫だが敷島は遠慮する。

 

「なに、好きなの?剣崎のこと」
鋭い綿貫の質問に意味がわからないという顔をする敷島。

 

剣崎のことは尊敬しているだけで相談に乗ってもらいたのだと言う敷島だが剣崎が小鳥遊と打ち合わせしていることには不満げだ。

 

綿貫は日本酒を飲みながらあんたのラブコメに巻き込むな、とツッコむのであった。

 

一方小鳥遊と打ち合わせ中の剣崎。
読み切り漫画の進み具合も順調だった。

 

 

ペン入れまではアナログ原稿でやっている小鳥遊になぜデジタルにしないのかと剣崎は質問する。

 

 

小鳥遊は、以前天谷のもとでアシスタントをしていた時に教えてもらってはいるがデジタルの作業は気持ちが悪いのだ、と言う。

 

 

子供のころから紙とペンで漫画を描いてきた小鳥遊。
そのペンを動かす感触が好きだったのだ。

 

 

しかしまだ理想には程遠いと言う。
ならば仕上げまでアナログでやればいいという剣崎に、時間的経済的余裕がないのだと小鳥遊は言うのであった。

 

 

週刊連載をやりながらも読み切りを完成させた小鳥遊は、ストーリー漫画を描けるうれしさだけではなく、もう一度桂木先生と勝負できることが楽しみだと言う。

 

 

実の父親との不思議な関係をどう思っているのか問われて小鳥遊は答える。
ライバルで、それ以上でもそれ以下でもない、と。

 

 

次の日、剣崎が出社すると敷島がむくれていた。
どうしてラインを見てくれなかったのか、と。

 



 

家での打ち合わせにやきもちを焼く敷島。
大事な話があるからだ、という剣崎に相談があるから自分のうちにも来て欲しいというのであった。

 

痴話げんかのような二人に編集長が暇ならば取材に行けと命じる。
一方、小鳥遊は自宅で父親のことを考えていた。

 

 

振り向かずに原稿に打ち込む父親。
冷たい態度が大嫌いだった。

 

 

だが、小鳥遊にとっての理想のペンの音はあの音なのだった。
そして剣崎、敷島が取材に行く相手とは。
その桂木先生だったのである。

 

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ヒットマン【40話】最新話のネタバレ感想

 

剣崎君は相変わらずモテモテですね。敷島ちゃんは好意と気づかずに剣崎に寄って行っているのだと思います。

 

社内で一緒な分、作家の小鳥遊や島風より分がありそうですがどうなんでしょうね。ツンデレすぎてわかりにくいところもありますからな。

 

今回は敷島だけでなく先輩社員の綿貫さんの魅力も発揮された回だったと思います。大人の女性って感じでしたね。

 

それにしても、あんなに美人揃いの編集部&漫画家ってどこの世界に存在するのだろう(笑)