週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる38話のネタバレと感想を書きました。

2019年3月27日発売の17号に掲載されてた内容となります。

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

スポンサーリンク





ヒットマン【38話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマン【37話】ネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

38話「ネットの感想」

島風からいきなり連載をやめたいと電話をもらった剣崎。
その理由を問いただすが泣きながら電話を切られてしまう。

 

小鳥遊との打ち合わせをラインで延期すると、島風のもとへ会いに行こうとする剣崎。
そんな彼の前に新人編集者の敷島が現れる。

 

蒼白の表情で敷島は告げる。

 

島風に余計なことを伝えてしまった、と。

 

憧れの島崎からサインをもらい舞い上がってしまった敷島はネットで島風の作品が賛否を受けていることを伝え、なんと実際に掲示板を見せてしまったのだ。

 

 

てっきり漫画家は賛否を受け入れつつも無視して仕事をしていると思っていた敷島。

 

しかし島風は温室育ちでパソコンもスマホも持っておらずネットの批判に免疫がなかったためショックを受けてしまったのだ。

 

動揺する敷島に、最初にそれを伝えなかったのは自分のミスだ、と謝ったうえで問題対処は早いほうがいいと島崎のもとへ向かうことにした剣崎。

 

島風の部屋で話し合うことになる。

 

島風は悲しそうにみんなが面白いと言ってくれるのがうれしくて漫画を描いてきたが自分の作品が嫌われていると感じ描く気力がなくなってしまったと言う。

 

一部の読者が批判しているだけだという敷島だが島風は涙を流しながら自分の名前が中傷の的になっている辛さを語る。

 

剣崎は冷静に小鳥遊や天谷の例を交えながら説得する。

 

小鳥遊は逆に燃えると言っていたし、天谷は無関心よりは嫌われるほうがいいと言っていた、と。
しかし島風はそんなに強くなれないから連載をやめさせてほしいと泣きながら言うのだった。

 

編集部に戻った二人。

 



 

報告すると剣崎の監督不行き届きだと編集長から言われてしまう。

島風が休載するため今週の代案は小鳥遊のストックが使われることになってしまい読み切りへの影響を懸念する剣崎。

 

しかし受け入れられず、小鳥遊に電話で謝罪する。

 

また敷島は、他の編集者たちが島風ももう終わりだと噂しているのを聞いてしまうのだった。
剣崎の前で号泣しながら謝る敷島だが、意外にも剣崎は笑いながら考えがあると言う。

 

「心配するな、俺がなんとかするから」
剣崎は諦めずに頼もしく言い切るのだった。

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでマガジンを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ヒットマン【38話】最新話のネタバレ感想

 

剣崎君が頼もしくなっていることに驚きました。前回は後輩の敷島の目線で書かれていたので頼りない先輩として描かれていましたが、八神さんの影響かかなり成長していますね。

ヒットマンは可愛い女性作家がたくさん出るので好きですが、剣崎くんの成長物語でもあると改めて感じました。

ネットの批判を見てしまい、ショックを受けた島風をどのように立ち直らせるのか。剣崎の案とはどういうものなのか次回の連載がとても楽しみです。