週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる37話のネタバレと感想を書きました。

2019年3月20日発売の16号に掲載されてた内容となります。

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

スポンサーリンク





ヒットマン【37話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマン【36話】ネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

37話「自分の言葉で」

剣埼と島風先生の打合せに向かう敷島は、小鳥遊先生と腕を組んでいたことを聞く。

 

「見てたの?」と驚く剣埼はスキンシップは多いけど敷島が考えているような関係ではないと答える。

 

敷島は二人がどのような関係でも構わないが「生理的に受けつけないというだけです」と告げる。
先生の自宅で打合せすることに驚いた敷島は、忘れ物を取りにと隣の部屋が剣埼の部屋ということにもっと驚く。

 

部屋の前で騒ぐ声に、島風先生がドアを開ける。

 

サブ担当だと自己紹介する敷島に、剣埼さんだけでいいと言う島風先生をなだめる。

 

 

ネームの感想を剣埼から求められた敷島は、チャンスだと思い修正点をアピールするが、「ウチはアンタの操り人形じゃないんだけど…」と島風先生は怒る。

 

 

剣埼はオレの感想も言うわと「めちゃくちゃ面白かったよ!!」「マジで最高!!」と島風先生を褒める。

 

 

「うわああい!!」と両手をあげて喜ぶ島風先生に、剣埼はそこから改善してほしいことを伝えた。
打合せを終え、剣埼は敷島に最初に面白いかどうか伝える、ネットで見たとか読者の意見ではなく「ちゃんと自分自身の言葉で本心を伝えろよ」とアドバイスをして、次の打ち合わせがあるからと別れた。

 

 

敷島は一歳しか違わないのに偉そうと思いつつも、私自身の言葉で本心をという言葉について考えた。

 



 

島風先生のもとに戻ってきた敷島は、「先生の描かれる男性キャラがかっこよくて大好きです!!」少年誌だから恋愛も必要だけどそっちも見たいと告げ、島風先生が描いていた本を見せ、「サイン…ください…」とお願いした。

 

「うん!!」「男の子もいっぱい描くね!!」と笑顔で答えた島風先生に敷島はお礼を言い、私も一緒に頑張ると伝えた。

 

小鳥遊を喫茶店で待っていた剣埼に、島風先生から電話がかかってくる。

 

 

剣埼が何か言い忘れたことでもあったのかと聞くと、島風先生は「もう…やめる…!」「ウチこの連載やりたくない!!」と涙を流しながら話すのであった。

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでマガジンを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ヒットマン【37話】最新話のネタバレ感想

剣埼と島風先生の打合せのやり方は上手だなと思いました。島風先生は剣埼に褒められて本当に嬉しそうで可愛いなと思いました。

 

敷島も嫉妬していましたが、一人で島風先生のもとを尋ねて島風先生の作品を好きだと言っていた姿は、剣埼のアドバイスが活かされているなと感じました。

 

連載をやりたくないと言った島風先生は何でそんなことになってしまったのかなと気になりました。最後に敷島と会っていたことが影響しているのかなと思いました。