週刊モーニングで連載中のバトルスタディーズ
2019年7号1月17日発売の最新話、第185話のネタバレです!

 

『バトルスタディーズ』18巻の発売日はいつ?

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓

『バトルスタディーズ』を試し読み

 

作品内容

「強育」は愛、栄光への通過儀礼。生きる術は全て「PL野球部」で学んだ。
18人で天下を獲ろう。
俺たちの前に、道はできる。元PL球児が描く超リアル高校野球漫画!

 

 
スポンサーリンク





バトルスタディーズ 185話のネタバレ

トルスタディーズ!184話のネタバレ 「明暗」

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

185話「敵は9人」

8回裏4対4.

快苑の先頭打者は万年。

 

 

DLバッテリーは慎重に万年に対峙する。

万年はキャッチャーとして楠の熱烈のファンだ。

 


だからこそ、楠の配球を読むことが出来る。

 

 

 

したたかな楠だからこそ、

この場面では、ファーボールもしくはシングルヒットでもいい。

 

 

高めは長打コースになる可能性が高い。そのようなリスクは犯さない。

「アソコがくさい」

そう万年は読んだ。

 

 

このサインにDLナインは皆頷く。

それほど今日の檜の調子はいい。

 

 

 

グランドの皆はサインを送りあい守備の確認をしあう。


檜は渾身の一球を投じる。

 

 

 

万年の読み通り「外角低めの直球」だった。

キレもコースも完璧。

 

 

 

しかし、万年は自分と楠のストライクゾーンが違う。

自分は「少々ブスでもイケるクチです」と身体を目いっぱい広げて打球を痛打した。

 

 

 

凄まじい打球がライト方向へ飛ぶ。

明らかな長打コースだ。

 

 

 

しかし、そこにはセンターである信楽兄が横っ飛びでボールを掴みこむ。


超絶ファインプレーをした信楽兄は、「敵は9人也」といい万年にしたりとほざき、

楠は檜にナイスボールと一声かけた。

 

 

ベンチではこのファインプレーを見て、ナイン全員が檜の投球を信じて守備陣形に付き、

万年が見事打球を撃ち返したが、それを楠を信じてスタートして動いた。

 

 

檜への信頼が生んだトラストプレーだった。

万年は快苑ベンチで笑顔で「投手に勝って野手に負ける…結局一周回ってバッテリーにやられた…」

と呟いた。

 

 

いつもしかめっ面の万年が今日は見るたびに表情が変わる。

 

快苑ベンチではそんな万年の姿を見てトンチ合戦をしていた。

 

 


それでも、万年は微笑んでいた。

同点でもまだまだ余裕がある快苑だ。

 

『バトルスタディーズ』などモーニングをすぐに無料で読む

『バトルスタディーズ』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

バトルスタディーズ 最新話の感想と次回予想

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

バッターとピッチャーとキャッチャー。この三者での心理戦こそ野球の醍醐味だ。さらに守備ではバックが細かく動き相手に点を与えないようにする。

次回、最後のDLの攻撃。DLの攻撃の要狩野は決勝点をあげることが出来るのだろうか?