週刊モーニングで連載中のバトルスタディーズ
2019年29号6月20日発売の最新話

 

『バトルスタディーズ』19巻の発売日はいつ?


『バトルスタディーズ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

作品内容

「強育」は愛、栄光への通過儀礼。生きる術は全て「PL野球部」で学んだ。
18人で天下を獲ろう。
俺たちの前に、道はできる。元PL球児が描く超リアル高校野球漫画!

 

 
スポンサーリンク





バトルスタディーズ【204話】最新話のネタバレ

 

バトルスタディーズ【203話】のネタバレ

 

 

204話のネタバレです!

 

 

 

204話「世界の始まり」

ついに念願の甲子園に立つ狩野。

 

 

 

甲子園の土がどんなものか手に取り感じ、

鼻で嗅いでみる。

 

 

「ごっつ人間臭い」


 

それが狩野の甲子園の土の感想だ。

 

 

 

お待っとうさんと元気よく挨拶して、甲子園へ初土俵。

 

DLのメンバーたちは甲子園の土の感触を感じながら、守備練習をこなしていく。

 

 

とくに急遽メンバー入りした

花本の動きは軽快にして鋭く、ブランクを感じさせない、

キレキレな動きを見せる。

 


 

守備と走塁のポテンシャルなら長野を上回る。

あとは、試合勘を取り戻すだけ。

 

 

そんな花本のフィールディングを

憎しみを抱きながら、長野はわき目で見つめる。

 

 

 

DLの選手として今日で引退。

 

ユニフォーム姿も今日で最後となる。

甲子園での練習時間は30分と短い。

 

 

その中でピッチャーならマウンドの感触、

野手は定位置確認。

 

 

練習というよりも下見に近い。

そして、甲子園の大きさの確認も重要だ。

 

 

狩野は甲子園をUSJに例える。

 



 

 

ゲートをくぐってシンボルの地球儀見たら、

あとはいかに効率良くアトラクションを乗りこなすか。

 

 

 

USJに行くのが目的じゃない。

限られた時間の中で目いっぱい楽しむために行く。

 

 

「実在したな甲子園」と狩野が言えば、

「思たより狭いけどな…」と檜が返す。

 

 

 

「バルスタリー」

 


 

とお互いの拳を付き合い、閉園まではしゃぎ倒すぞと呟いた。

 

 

開会式のリハーサルを行うため、出場校のメンバーたちが集う。

そこには昔からの「仲間」たち。

 

 

それぞれの近況や成長などを語り合う。

門松のもとに聞いたことのある声が聞こえてくる。

 

 

 

どう思っているか知らないが宮崎に逃げたわけではない。

DLが不祥事を起こすと思ったからだ。

 

そうDLを脱走した毛利は語った。

 

『バトルスタディーズ』などモーニングをすぐに無料で読む

『バトルスタディーズ』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

バトルスタディーズ 最新話の感想と次回予想

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

甲子園を劇場と呼ぶ人もいれば、狩野はUSJと呼ぶ。様々なアトラクションというドラマが甲子園は演出する。勿論、狩野率いるDLが主人公だ。

次回、ついに開幕する夏の甲子園大会。DLは初戦をどのように戦うのか?そして、先発は誰なのか?