週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2019年1月9日発売日の6号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第151話】を読んだので、内容や感想などを紹介します。

 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 

スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【151話】ネタバレ

 

第151話 「同じ球」

エースとして初めて試合に臨んだ沢村。
重圧からか本来の沢村らしいピッチングができない苦しい展開で初回2失点。

だが、点は幾らでも取ると

言わんばかりに倉持・小湊が沢村を援護、1点差に迫る。果たして逆転は出来るのか。

 

3番白州のヒットで4番御幸に繋がり、チャンスは続く。
由良総合は勝負を避け、ファーボールを選択し、ワンアウト1・3塁。

 

流れをモノにしたい絶好機で5番前園。
由良総合も伝令を送る重要な場面。

 

それでもいつもの青道らしく、攻める姿勢を忘れず御幸が2塁へ盗塁。
由良バッテリーは走者へ見向きもせず、動揺もなくバッター前園との勝負に絞る。

 

決め球の縦カーブをアウトコースへ2球続け、前園を追い込む。
緊迫した中での3球目、意気込む前園だが放り込まれたボールは1・2球目と同じく大きく縦に割れた放物線を描く。

 

前園は鋭い当たりを見せるも

セカンド正面、ランナー動けずツーアウト。

 

絶好機を逃したものの、流れを止めたくない青道。
失点はしたがツーアウトになり声が出てきた由良総合。

 

由良総合監督の榊はいつからか選手や試合の状況が手に取るようにわかるようになったと余裕の表情を見せる。


「いつからだろうなぁ・・敵味方関係なく、グラウンドにいる奴らの考えていることが手に取るように分かるようになったのは・・」

「みんな必死で一生懸命だから、態度に出る、仕草に出る、表情に出る」

6番東城が意気込むもレフトフライ。
ピンチが続く中、1点に抑えた由良総合。

よく凌いだな!と選手に声を掛け、ベンチで迎える榊。


「俺の下した決断に選手達が必死に応えようとしてくれる・・・」
「なぁ鉄心、俺ぁ今、こいつらとの野球がたのしくて仕方ねぇぜ・・・」

1点は返したものの、2者残塁とチャンスをモノにできなかった青道。
青道ナインは暗く、沈んだ表情。

 

青道監督の片岡は切り替えろ!とナインに声を掛ける。
また沢村を呼び、「頼んだぞ」とぐっと拳を胸の前に突き出す。

 

 

少し驚いたような表情をする沢村。
監督のそれに呼応するように、降谷も含めた青道ベンチも拳をぐっと握り、沢村に気持ちを託す。

 

皆の気持ちを受け取ったかのように胸の前で拳を握りしめる沢村。
力のみなぎった表情と、気合いの入った声を出し、マウンドへと進む。

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【151話】ネタバレ感想

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

前回の倉持・小湊の沢村を助けようとする姿にブルっとしましたが、それでも流れを掴めない青道と、それを見透かすような榊の表情に熟練した名将の怖さを感じた回でした。

ですが、そこはボスこと片岡鉄心も負けてません。沢村だけじゃなく選手を鼓舞する気持ちの伝え方が常にアツい。次回は監督の拳から託された「頼んだぞ」この一言で沢村は本来の姿に戻ることでしょう。

それにやっと掴んだエースナンバーで臨んだ初めての試合で、本来のピッチングができない沢村ではないと思います。沢村の一番の武器はメンタル、攻める強い気持ち。それがどう描かれるか次回も期待ですね。