週刊モーニングで連載中の『GIANTKILLING』ジャイアントキリング
2018年52号11月29日発売の最新話、第500話のネタバレです!

 

『GIANTKILLING』50巻の発売日はいつ?

 

スキマ時間に無料漫画
10000冊以上読み放題

ストーリー

海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ【ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド】の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

ポップ&ソリッドな絵と演出で、プロ野球選手のリアルを描き出した読み切り作品『スリーストライクス』で、連載開始前からコアなファンを獲得していた漫画家、ツジトモ。原案を務めたのは、アトランタオリンピック世代のプロサッカー選手のリアルを描きサッカーフリークスの熱い支持を得た『U-31』の原作者、綱本将也。

2007年登場したフットボール漫画の新スタンダードは、現在も進化中!

「サッカーを、試合を面白くするのは監督だ!」

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『GIANTKILLING』を読む

 

 
スポンサーリンク





『GIANTKILLING』500話のネタバレ

ジャイアントキリング!499話のネタバレ

 

 

アジアカップ第4戦 VS.UAE

 

椿との好連携よりペナルティーエリアに侵入し、

決定的な場面を演出した花森。

 

 

あとは、シュートを撃って得点するだけ。

 

 

 

しかし、そこへUAEのディフェンダーが後方よりタックルをしかけ、花森は転倒する。

 

 

 

誰が見ても明らかなファウルであり、PKとなるだろう。

 

日本ベンチは歓喜する。

 

 

 

しかし、主審はノーファウル、PKではないという判断。

 

 

 

ピッチ上では日本の選手たちが激怒する。

 

 

特に岩淵はヒートアップして、主審を侮辱し

 

ブランもピッチ外で第4審判に抗議した。

 

 

 

その時、岩淵に主審は

過度な抗議と侮辱的な態度にイエローカードを出す。

 

 

 

あまりにもひどい判定に日本代表の歯車が狂い始めた。

 



 

 

マチューは徐々に日本代表のエース花森と息が合ってきている椿に注視する。

 

 

そして、日本代表の時間は過ぎたと感じ、このままゲームを支配できると読んだ。


 

達海はさっきのはPKであると思う反面、

 

いつも冷静な岩淵が苛立ってイエローカードを貰ったことが危ういと感じた。

 

 

レフェリーの厳しい判定もあるが

明らかに自分たちの思い通りにいかないことに対しての怒りであること。

 

 

その通り15分ゴールが奪えないで時間が経過してしまい、このままゲームがすんなりいかなくなってくると推測した。

 

 

案の定、集中が切れたようなプレーをする日本。

 

 

原因はシンプルに暑さからくるスタミナの消耗。


 

 

しかし、UAEはまだまだ軽快に動くことが出来ている。

 

 

 

それに翻弄される形で、イスマイールは自由奔放にプレイする。

 

 

アジアで名を轟かせてやると言う野心があるイスマイールは見事なシュートを放つ。

 

 

だが、何とか指先にボールかすめてぎりぎりのところで球を弾き飛ばした星野。

 

 

流れは完全にUAE。

 

 


それに対してブランはリザーブに対して冷静な指示をだす。

 

 

GIANTKILLING』50巻の発売日はいつ?

 

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想

 

500話というキレのいいところですが

日本代表はUAEに大苦戦

 

より厳しい状況になってしまいましたね。

 

選手の表情からもその苦しさが伺えます

次回の501話では、どうこのピンチを誰が切り開くか

試合の展開が見どころとなりそうですね。

 

GIANTKILLING』50巻の発売日