週刊モーニングで連載中の『GIANTKILLING』ジャイアントキリング
2018年51号11月22日発売の最新話、第499話のネタバレです!

 

『GIANTKILLING』49巻の発売日はいつ?

 

スキマ時間に無料漫画
10000冊以上読み放題

海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ【ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド】の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

ポップ&ソリッドな絵と演出で、プロ野球選手のリアルを描き出した読み切り作品『スリーストライクス』で、連載開始前からコアなファンを獲得していた漫画家、ツジトモ。原案を務めたのは、アトランタオリンピック世代のプロサッカー選手のリアルを描きサッカーフリークスの熱い支持を得た『U-31』の原作者、綱本将也。

2007年登場したフットボール漫画の新スタンダードは、現在も進化中!

「サッカーを、試合を面白くするのは監督だ!」

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『GIANTKILLING』を読む

 

 
スポンサーリンク





『GIANTKILLING』#499ネタバレ

ジャイアントキリング!498話

 

 

#499 アジアカップ第4戦 VS.UAE

 

後半日本代表の攻撃は激しさを増す。

 

UAEサイドを何度も抉り、

 

クロスボールを上げるもUAEのディフェンダーにはじかれてしまう。


 

そのこぼれ球も日本代表が拾うもののUAEのチェックは早く、そう簡単には決定的なシーンを作り出すことが出来ないでいる。

 

 

ペースは明らかに日本。

 

 

しかし、こうも見事に守り切られているとホームのUAEはスタジアムの観衆の大きな声援に後押しされて、

否が応にも乗ってくる。

 

 

UAEベンチではマチューが日本代表の攻撃にギャーギャー喚き散らして、

 

ビビっているが、一方他のコーチたちは冷静だ。

 

 

それは、UAEの守備陣が必死にディフェンスに徹しており、

練習どおりの動きを見せているからだ。

 

 

マチューによって組織的に育ててきた選手たちは、王者日本であろうとも簡単には崩せないでいる。

 

 

あと15分。

 

 

日本代表の攻撃を守り切れば、ゲームの風向きが変わる。

 

 

 

それでも、日本代表は攻め続ける。


椿はこの日本だ表のペースに手ごたえを感じている。

 

 

しかし、その反面UAEの冷静で慌てることがない対応が気になっている。

 

 

日本の達海はそろそろ決めないと日本代表は不利になってくると読んでいる。

 

 

 

だからこそ、椿に一仕事を期待する。

 



 

 

椿は普通の事をしていてもだめだ。

 

 

そのため、何かアクセントがある攻撃を仕掛けたい。

 

 

江田に素早い縦パスを要求。

 

 

 

ブランも立ち上がり高揚する。

素早いパスを受け取った椿はすかさず花森に預ける。

 

 

花森はそのまま椿にボールを戻し、

椿はワンツーで斜めに走った花森にボールを預けた。

ビッグチャンスの到来!

 

 

背後からUAEタックルに倒された花森。

 


日本代表はPK?

 

GIANTKILLING』49巻の発売日はいつ?

 

ジャイアントキリング 感想と次回の予想

 

どんなに優れた攻撃であろうとも、組織的に守ることができていればそのチームは負けることはない。あとは、如何に集中を切らさないかだ。

次回、花森はPKを得ることが出来た。しかし、花森はこのアウェーの中で決めることが出来るのだろうか?