週刊モーニングで連載中の

『GIANTKILLING』ジャイアントキリング

2019年27号6月6日発売の最新話

第520話のネタバレです!

 

GIANTKILLING【52巻】発売日とネタバレ!


『ジャイアントキリング』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





GIANTKILLING【520話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!519話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

#520 アジアカップ準決勝VS.オーストラリア

 

 

優勝候補の両チームの選手がピッチ上に散らばり、フォーメーションを組む。

組織力とテクニックの日本代表か?

 

 

フィジカルにものをいわせたパワーのオーストラリア代表か?

 


アジアカップ準決勝の笛が今鳴り響いた。

 

 

日本は前線より鋭くプレスをかけていく。

それに対してオーストラリアはややたじろぎながら、ボールを廻していく。

 

 

蒸し暑いピッチコンディションにも関わらず、気合が入ったプレー。

 

 

オーストラリアが相手だろうが、

日本は変わらず前からガンガンプレスをかけていく。

 

 

その目的はオーストラリアの前線に

いいボールを蹴らせないことを意図している。

 

 

 

ブランはこのゲーム対する

我々日本代表のモチベーションの高さを教えてやるという考えだ。

 


 

日本が綿密に練られた戦術に対して、

オーストラリアはやや雑な感じだ。

 

 

しかし、その大雑把さがオーストラリアの味でもある。

 

 

中途半端なパスを八谷が奪い取ると、

すかさずマクレガーが激しくスライディングし奪い取る。

 



 

 

そのままパスを回していくオーストラリア。

そして、前線にボールを供給するが、

長くオーストラリアのフォワードの頭上を越えるような感じに見える。

 

 

だが、そのボールを

なんとジャンプ一番ヘディングし、ボールを収めてしまった。

 

 

このプレーに日本代表ベンチは

驚きを隠せないが、オーストラリアベンチは細く微笑む。

 

 

そのまま後方よりある選手が駆け上がってくる。

 

 

 

その選手こそ、オーストラリアのエースにして、

 


日本代表キラーでもある「エース・サリバン」だ。

GIANTKILLING【52巻】発売日とネタバレ!

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想

 

オーストラリアと日本の差はほとんどアジアではないといっていい。しかし、勝負強さはオーストラリアに分がある気がする。それは、絶対的エースの存在の有無であろう。

次回、その絶対的エース・サリバンが日本のゴールに迫る。そして、前半早々その決定機がうまれ日本はピンチに陥るのか?