週刊モーニングで連載中の『GIANTKILLING』ジャイアントキリング
2019年16号3月20日発売の最新話、第512話のネタバレです!

 

GIANTKILLING【51巻】発売日とネタバレ!

スポンサーリンク





GIANTKILLING【512話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!511話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

#512 「アジアカップ第4戦vs.UAE」

 

 

試合後、お互いの健闘を称えあうマチューとブラン。


ブランは良い試合をして、良いインパクトを与えたのでは?と言うも、

マチューは日本を倒してアジアでUAEが存在感を醸し出さなければいけなかった。

 

 

 

しかし、マチューが作り上げたイスマイールのサッカーセンスと勝利の執念、

最大の武器であるチームワークはみているものが理解できてはずだ。

 

 

そうブランは語ると、マチューは顔を両手で覆いながらまとまり過ぎていた為、

采配にミスがでてしまったと自分を恥じた。

 

 

ブランはこの失敗が次の成功につながる。

そして、自分たちが率いる代表の評価はいつだってその国民が決める。


イスマイールはマチューに自分の攻めの姿勢がみんなを巻き込み台無しにしたと謝った。

これから大人の階段を昇る。

 

 

国民も自分たちが大人のチームになっていくのを楽しみにしている。

 

そして、自分たちの次の目標は3年後のワールドカップだとイスマイールに語った。

 

 

 

椿が最後のヒーローインタビューに応じる。

 

しかし、いつも通り歯切れが悪い回答だ。

 



 

 

かなり緊張ししどろもどろながらも、

最後に応援してくれた方に一言の返事に、

 

今まで迷惑をかけ、それを支えてくれた方々に、

今日のゴールでその人たちが喜んでくれたなら、

 

ほんの少しだけ恩を返せたような気がしますと答えた。

「ブラボー!よくやってくれた僕の息子達!」

 

 

と両手を広げて椿と窪田を迎え入れるブラン。


持田の代わりになれると会見で話したが、現実になった。

 

 

だけど、それが現実になった。それに相応しい活躍をした。

ただ、あと2回勝てばの話だけどと付け加えて。

 

 

そんな思いを背負った二人だった。

 

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想



ニューヒーローが現れるということは、誰しも日本が望んでいる。プレイに似合わないインタビューは別にして、椿は十分ニューヒーローとなった。ブラン曰くあと2回勝てばそれは確実なものとなる。

次回、準決勝に相手は日本の永遠のチーム韓国?それとも中東の強豪?はたして….。