週刊モーニングで連載中の『GIANTKILLING』ジャイアントキリング
2019年11号2月14日発売の最新話、第508話のネタバレです!

 

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?

 

スキマ時間に無料漫画
10000冊以上読み放題

ストーリー

海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ【ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド】の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

ポップ&ソリッドな絵と演出で、プロ野球選手のリアルを描き出した読み切り作品『スリーストライクス』で、連載開始前からコアなファンを獲得していた漫画家、ツジトモ。原案を務めたのは、アトランタオリンピック世代のプロサッカー選手のリアルを描きサッカーフリークスの熱い支持を得た『U-31』の原作者、綱本将也。

2007年登場したフットボール漫画の新スタンダードは、現在も進化中!

「サッカーを、試合を面白くするのは監督だ!」

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『GIANTKILLING』を読む

 

 
スポンサーリンク





GIANTKILLING【508話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!507話のネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

508話 アジアカップ第4戦 VS.UAE

 

UAEとの熱戦も終盤。

絶好のチャンスに日本はコーナーキックを得る。


椿はポジション争いをしながら、さっき花森が言った言葉思い出し、

 

 

日本にいる達海らのETUやサポーターたちの顔を思い浮かべ、

絶対にゴールをこじ開けるんだと闘志を燃やす。

 

キッカーは志村。

 

ボールは長身の越後の頭上に合わせられる。

しかし、UAEのディフェンダーにはじき返される。

 

 

こぼれ球はまだ日本が維持する。

再度右からクロスが上げられるが、これもUAEゴールキーパーに阻まれる。

 

 

今度はUAEがカウンター。

そのボールは前線を走るイスマイールに向け放り込まれる。

 



 

マーカーは城島。

さっきはハンドをとられるミスを犯した。

 

 

城島の脳裏には世代交代を図っているチームで自分が生き残るにはどうすればいいのかと、

自問自答し、「多少の無茶は必要なんだよ!!」と言い聞かせて、

 

 

イスマイールに向けて放り込まれたボールをオーバーヘッドでクリアする。


 

そのボールは絶好の位置にいた窪田がキープする。

窪田はすかさず、左サイドにいた志村へと渡す。

 

 

志村はさらに素早くトップのエース・花森にパス。


UAEのディフェンダーの頭にあるのは結局最後はどのチームだってエース頼りだろうと思っている。

 

そんなことを花森はおかまいなしに、UAEのディフェンダーを二人引き連れて、

2列目からペナルティーエリア内に飛び出してきた選手にマイナスのパスを送る。

 

 

その選手はどフリーでエリア内でボールを得る。

ゴール前にはしっかりと日本代表の選手が数人詰めている。

 

 


その選手である椿はダイレクトにシュートを放った!!

 

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

 

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?

 

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想



両チームとも疲労のピークに到達。最後まで集中したほうが勝つ。エースの対決であるが、今の日本代表には花森以外にも試合を決定づけることができる選手がみられるようになっている。その差が出たといえる。

次回、椿のシュートはUAEゴールをこじ開けられるのか?UAE戦は意外な結末を迎える!?