週刊モーニングで連載中の『GIANTKILLING』ジャイアントキリング
2019年10号2月7日発売の最新話、第507話のネタバレです!

 

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?

 

スキマ時間に無料漫画
10000冊以上読み放題

ストーリー

海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ【ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド】の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

ポップ&ソリッドな絵と演出で、プロ野球選手のリアルを描き出した読み切り作品『スリーストライクス』で、連載開始前からコアなファンを獲得していた漫画家、ツジトモ。原案を務めたのは、アトランタオリンピック世代のプロサッカー選手のリアルを描きサッカーフリークスの熱い支持を得た『U-31』の原作者、綱本将也。

2007年登場したフットボール漫画の新スタンダードは、現在も進化中!

「サッカーを、試合を面白くするのは監督だ!」

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『GIANTKILLING』を読む

 

 
スポンサーリンク





GIANTKILLING【507話 】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!506話のネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

#507 アジアカップ第4戦 VS.UAE

 

椿の見事なサイドチェンジにいち早く反応する畑。


しかし、UAEのディフェンダーも反応し、ボールに向かう。

畑は先ほど途中出場で入ったばかり。

 

素早くディフェンダーを置き去りにしてボールに追いつく。

 

サイドを駆け上がる畑。絶好のチャンスとなる。そこへUAEディフェンダーが寄せてくる。

畑はいくら追いつけても、身体のキレはないだろうとばかりに、鋭く左に切り返す。

 

 

絶好の位置でシュートを放つ。

が、しかし、残念ながらディフェンダーの足をかすった為かボールはポストに嫌われゴールとならない。


それでも、花森がボールに詰めダイビングヘッドでゴールに迫る。

 

これも、UAEゴールキーパーのファインセーブによりボールはラインを割り日本のコーナーキックとなる。

 

 

スタジアムはこの絶体絶命のピンチを守ったゴールキーパーに熱狂し、

スタジアムは今まで以上に声援の熱のボルテージが最高潮に沸騰する。

 

 

いまだ好機にいる日本だが、このスタジアムの雰囲気にやや飲まれてしまっている者もいる。

花森は地面に倒れたままなかなか動けないでいる。

 

 

ようやく立ち上がり、相手キーパーを褒めたたえる。

 

そして、少数だがスタジアムにいる日本代表のサポーターを指さし、

そのサポーターの後ろには日本各地のサポーターの割れんばかりの声援が、

ピッチに立つ日本代表への声援であることを想像しろと言った。

 

 


「もうそろそろ…試合を決めてしまうべきだ」

そう花森は語った。

 

 

日本代表はコーナーキックの準備をする。

 

 

ベンチのブランはこのコーナーキックまでの流れを素晴らしいものだと言い、

 


このチャンスを今こそゴールに結実させようと言った。

 

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 



 

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?