週刊マガジンで連載している『シチハゴジュウロク』最新話のネタバレを紹介します。

2019年4月3日に発売された18号に掲載された21話の内容の感想です。

ラブコメ×怪奇×ミステリ!!

煩悩だらけの少年・ゴローはある日、謎の美少女しちはが、どんぶらこと川を流れているところに遭遇する。その出会いは、奇妙な”身代わり”殺人の始まりだった――!

スポンサーリンク





シチハゴジュウロク【21話】最新話のネタバレ!

 

シチハゴジュウロク【20話】のネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

21話「久しぶりね」

左腕を炎に焼かれながらゴローは耐えていました。
一度、焼死したときに比べれば我慢できる熱さだったのです。

 

しかし生きていることが分かれば、また唯一に攻撃されてしまいます。
なんとゴローは左腕の炎を上半身へと移したのです。

左腕の炎が収まるまでの約二分。
ゴローは必死で呼吸を止め、チャンスをうかがっていたのでした。

 

そして今。
ゴローは唯一がマン先生や無二に気を取られている隙をついてその額に触れたのです。

「ウルフ、リンクス…」
ゴローがしちはから教わった呪文を唱えます。

 

すると唯一とゴローの時間が巻き戻り始めました。
その瞬間、唯一が見たのは自分に向って手を伸ばしながら名を呼ぶ無二の姿でした。

 

ゴローの時間も巻き戻ります。
唯一によって焼かれた傷が消え、場所が変わり。

 

ゴローはしちはが死んだ校庭に立っていました。
目の前に炭が浮遊しています。

 

それが集まり、形を成し、骨となりました。
そして炎とともにしちはが復活したのです。

 

「ゴロー、久しぶりね。」

 

しちはは告げ、茫然としている唯一の目の前に立ちます。
久しぶり意外に言うことはないのかというゴローのクレームはまったく無視して。
そして言いました。

 

命にはバランスがあり自分の代わりに誰かが死ななければならない、と。
しちはの瞳が時計の針のように動いています。

 

ゴローは唯一に殺されかけてなお、命だけは助けてやってくれと懇願しました。
けれどしちはに却下されます。

 

これは呪いの力であり私の能力ではない。
唯一は茫然としながらどこかで思っていました。

これから罰を受けるのだ。

 

 



 

「さあ、裁きの時間よ」

 

しちはの瞳がかちりと止まり、その瞬間唯一は校内に立っていました。
目の前には無二がいます。

 

怪訝そうに振り返りどうかしたのか、と問いかけます。
その瞬間、火災警報器が鳴り響きました。

 

そう、あの時に戻っていたのです。
唯一がしちはを焼いたあの日。

 

そして、唯一の足が勝手にゆっくりと、しかし抗えない強さで動き始めます。

 

不思議そうにする無二の目の前から唯一は走り去りました。
そう、あの場所に向って。

『シチハゴジュウロク』などマガジンをすぐに無料で読む

シチハゴジュウロクの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでマガジンを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

シチハゴジュウロク【21話】最新話のネタバレネタバレ

 

復活したしちはがかっこよかったです。ぶち抜きで描かれているだけありますね。ずいぶん久しぶりにしちはに会った気がします。

 

そして唯一はどうなってしまうのでしょうか。誰かを殺したなら必ず本人が報いを受けなければならない。つまり唯一は校庭で焼かれてしまうんですよね。

 

このままでは無二は何も知らないまま唯一を失うことになってしまうのですが次回はどのような展開になっていくのか楽しみです。

 

ゴローの頑張りがしちはしか知るところにならずみんなの記憶が巻き戻り消えてしまうのは少し寂しいですね。