週刊少年マガジンで連載中「ギャンブラーズパレード」の最新話が

2019年4月24日発売日の21、22号に掲載されましたので

ギャンブラーズパレード【第27話】を読んだので、内容や感想などを紹介します。

 

スポンサーリンク





ギャンブラーズパレード【27話】最新話のネタバレ

 

ギャンブラーズパレードのネタバレ【26話】

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

【27話】こらしめちゃうんだからねー!!

 

花梨とことはが攫われてしまい、挑戦状の人数である5人を満たない人数となってしまい、「このままじゃ2人足りないから勝負できねー!」と怒りと焦りを隠せない寅之助。

その話を聞いていた賭博女子の色無しの2人は、「私達ではダメでしょうか!?」と提案します。

 

賭博女子の色無しのチカは行方不明で、「彼女の為にも力になりたいんです!」と目に涙を浮かべて訴えます。

 

寅之助は喜んで2人と一緒に戦うことを決めますが、芯は2人いなくなった直後に助っ人2人が入ってくるなんて誰かに仕組まれてるみたいだと疑問に感じていました。

 

蜘蛛手は花梨とことはを探しに外へ出ます。
寅之助のスマホから受信音が聞こえ、画面を確認した寅之助は目を見開きました。

 

芯の「どうかした?」という問いに、「い いや…別に…」とそっぽを向きます。
目覚めた花梨はことはとチカの姿を確認します。

 

窓も時計もなく、時間感覚のない花梨は蜘蛛手達を心配していました。

 

賭博女子の挑戦を受けるためにやってきた寅之助達は、「賭博女子!」の声援のするなか、賭博女子と対面します。

 

賭博女子の決めポーズに湧き上がる観客。
寅之助達は茫然とその様子を見つめます。

 

 

賭博女子の色無しの2人を見つけた賭博女子は、「泣かないで」とギュッと2人をハグします。

 

 



 

賭博女子に「その醜さが全身からあふれ出ているぞ」「まるで正視に耐えない」と告げる蜘蛛手。
「で?何が目的だ?」と尋ねると、登場したコウモリ。

 

「賭博女子を買収してプロデューサーに就任したばかりの者だ」とコウモリがお辞儀をして自己紹介します。

 

コウモリは「噂のギャンブラー殺しを倒せばオレの資金と人脈を生かして彼女らを世界的トップアイドルにしてやるって約束だ」と笑みを見せます。

 

蜘蛛手は「この勝負は受けてやろう」「ただし…」と言いかけると、「負けたら解散しろって言うんでしょ?」と賭博女子に続けられます。

 

蜘蛛手が「で どんなギャンブルで勝負するんだ?」とコウモリに尋ねると、「高所落下王様当てゲームだ!!」とビルの谷間に吊るされたゴンドラが目に入ったのでした。

 

 

ギャンブラーズパレードなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ギャンブラーズパレードの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ギャンブラーズパレード【27話】ネタバレの感想

 

賭博女子の表と裏の顔がよく分からず、表では良さそうに接しているけど、裏では何を考えているのかなと思いました。

 

賭博女子の色無しの3人は逃げてきたわけではなくて、意図的に逃がされたのかなというように感じました。

 

チカをさらった理由は何だろうと思いました。

 

絶対的不利なこの勝負、どのようにして不利な状況を挽回するのか気になります。寅之助のもとに届いた着信はいったい何だったのか、勝負に関係あることなのか気になりました。