別冊フレンドで連載中の「カモナマイハウス」

8話「ぎゅってされたら」のネタバレを紹介していきます。

 

最新話8話が掲載されたのは

2019年5月13日発売の年6月号に掲載されました。

 

 


『別冊フレンド』最新号を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク







カモナマイハウス!【8話】ネタバレ

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

カモナマイハウス 第8話 ぎゅってされたら

 

 

「いっくんがぎゅってしてくれたら帰る」すぐに嘘だと訂正した陽向の言葉。

 

しかし、樹は陽向のことを抱きしめてくれました。うるさく鳴り響く陽向の心臓の音。ぎゅってしかえしてもいいのかな、と陽向は樹の背中に手を回そうとします。

 

しかし樹は、

「・・・もう来るな」と言って陽向の体を離します。

 

「これ以上 俺ん中に入って来るな・・・」と辛そうな表情で言う樹ですが、陽向は無・・・!!」と顔を真っ赤にして言います。

 

 

陽向の返事が予想外だった樹は、開いた口が塞がりません。

 

どんどん真っ赤になっていく陽向は

「だって こんな、だ 抱きしめといて・・・”もう来るな”なんて 絶対無理・・・」と言いますが、話が違うと樹は怒ります。

 

 

帰る代わりに、という条件で陽向を抱きしめてあげた樹ですが、陽向が「は はじめてだったのに・・・」と涙をためて言うので、もう何も言えません。

 

 

樹は、雷が落ちたような感覚に襲われます。

 

JKのはじめてという言葉に、あからさまな動揺を見せる樹に陽向は、1回デートしてくれたら、今回の件をなかった事にすると言い出します。

 

 

後日、盛りに盛られたパンケーキを前に嬉しそうな表情を見せる陽向。

 

 

一方で樹は、どうしてこうなってしまったのかを理解できていません。

 

 

さらに当たり前のように「いっくんが払うんだよ?」と言う陽向に、わかってはいたものの言葉を失う樹。

 

 



 

観念した樹を見る陽向の心の中では、「これ以上 俺ん中に入ってくんな」という樹の言葉が引っかかっていました。

 

その言葉を受け入れたら、これで終わりになってしまう。

 

ボーっとする陽向は、口にクリームが付いていると樹に注意されてしまいます。

 

 

その時、クリームを取ってあげようと動く樹の手。

 

 

ですが、そのことに気づかなかった陽向は、確認を兼ねてお手洗いに立っていきます。出そうとしてやめた手を見つめる樹の頭には、陽向との出来事がよぎります。

 

 

「何してんだ 俺は」と、樹は頭を抱えます。

 

 

お手洗いを後にした陽向ですが、樹のもとに駆け寄る女性を見て思わず隠れてしまいます。

 

 

しかし、樹には見つかっておりすぐに呼ばれてしまいました。

 

 

「コソコソしてるほうが 後ろめたいことあるみてーだからな」そう言って、樹はその女性に陽向を紹介します。

 

 

陽向のことを大家の娘だと紹介された、樹の同僚の女性は陽向のことが樹の妹に見えていたと言います。陽向は顔には出さないものの、この言葉にショックを受けています。

 

 

カフェを出た2人。

 

 

雨が降ってきたこともあり陽向はここでデートを終わりにすると言います。

 

さらに、カフェの代金を樹に返すのです。

 

ポカンとする樹ですが、陽向の様子がおかしいことには気づいているようです。

 

 

「・・・それだけでいいのかよ」と聞く樹に、陽向は抱き着きます。焦る樹に、「あたしは後ろめたいって思うよ」と告げ、2人は帰ることにします。

 

 

『別冊フレンド』最新号を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

カモナマイハウス!【8話】ネタバレの感想

 

樹とのつながりを失くしたくない陽向の乙女心がとても共感できるお話でした。

 

完全なる陽向の片思いだったはずが、どうやら樹の中で陽向の存在が大きくなっているみたいです。陽向のまっすぐな気持ちを知った樹はどうするのでしょう。

 

何も思っていないと、抱きしめたりデートしたりは、してくれないと思います。

 

早く2人がくっつくといいなあ、と思いますがそのためには、樹がどうして陽向を突き放そうとするのかが明らかにならないといけません。

 

子供だからという理由だけではないと思うので、すごく気になるところです。