アクタージュ act-age【第42話】は

2018年11月126日発売日の週刊少年ジャンプ51号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人──天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

 

アクタージュ【5巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

 

スポンサーリンク





アクタージュ 43話のネタバレ最新話

 

漫画の最新刊を無料で読む方法

 

アクタージュ【42話】ネタバレ!

 

舞台「銀河鉄道の夜」は進み、ついに七生とアキラの出番となる。

 

舞台開始当初から不安を感じていたアキラは、挑戦者のような気持ちで舞台へと向かう。

 

アキラと七生の役は、銀河鉄道に乗ってくる男女の乗客。

 

発言や身なりからタイタニック号の犠牲者を思わせ、2人の登場でジョバンニと観客は乗客達が死者であることに気づき始める。

 

七生はそんな背景のある乗客になりきり、雰囲気作りをして観客を引き込んでいく。

 

七生に続き、アキラが舞台へ上がる。

 

アキラは七生が演じる少女の家庭教師という役柄であり、舞台に立って少女を安心させるような台詞を語り出す。

 

アキラは役に入り込むのではなく、「ここでは台詞の抑揚を意識すべき」「二歩前に出て天を仰ぐようにすると、より効果的で正しい」と頭で考え「正しい感情を正しく表現する」ことに意識を注いでいた。

 



 

 

一見無難に演技をこなしているように見えるが、舞台に立ちながら、アキラは自分だけ服を着ているような、他の出演者とは別世界にいるような、情けなさを感じていた。

 

舞台裏で舞台を観ていた劇団員達もそれを感じ、「アキラ、ちょっと固いというか」「また形だけの芝居になってる」と指摘する。

 

舞台上で演技をしながら、アキラは現状を立て直そうと必死に考えていた。

 

「考えろ、正しい答えを」「導き出せ、どうすべきかを」考えているうちに、ふと、巌の「進化する芝居こそ演劇だ」という言葉を思い出す。

 

「そうだ、何も舞台は今日だけじゃない。

 

今日はこのままやり過ごせばいいじゃないか」「今日の反省を明日に活かそう」と、今日は情けなさを感じたまま演じ切ることを決める。

 

「それが一番正しいはずだから」と思いながら。

 

すると突然、景演じるカムパネルラが、アキラ演じる教師にアドリブで話しかけてくる。

 

本来なかった絡みに、戸惑い言葉が出ないアキラ。カムパネルラになりきった景は、まっすぐアキラを見つめ、更に声を掛けてくる。

 

「ああ、僕はどうすべきなんだ?」

 

アクタージュ【5巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

 

最期に アクタージュ 最新話ネタバレ

 

アクタージュ【43話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

アキラは景のアドリブに対し、どう返すのか。また、アドリブが入った舞台は、今後どう展開していくのかが気になる

 

アクタージュ【5巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

漫画の最新刊を無料で読む方法