アクタージュ act-age【第42話】は

2018年11月19日発売日の週刊少年ジャンプ50号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人──天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

 

アクタージュ【5巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

 

スポンサーリンク





アクタージュ 42話のネタバレ最新話

 

漫画の最新刊を無料で読む方法

 

アクタージュ【41話】ネタバレ!

 

劇団天球による「銀河鉄道の夜」の舞台は進んでいく。

 

死にゆく者を乗せて走る銀河鉄道。

 

様々な乗客たちが2人の前に現れては消えてゆく。

 

出演者は皆、演出家巌裕次郎に見出された役者。

 

 

元々、一人ひとりのレベルは高い。

 

 

しかし今は、ジョバンニとカムパネルラの2人に引っ張られるように、真に迫った演技をしていた。

 

 

その様子を見て、アキラは自分の芝居が通用するのか不安に感じていた。

七生は「私達の何倍も現場慣れしてんでしょアンタ。大丈夫だよ」と励ますが、巌との繋がりがない状態で舞台に呼ばれたアキラは、「僕はどうして、ここにいるんだ」と考えてしまう。

 

アキラは幼い頃、芸能事務所社長である母親に連れられて撮影現場を見学していた。

 

アキラはそこで俳優業に憧れを抱く。元女優である母親は、「もっと幸せになれる仕事につきなさい」とアキラが俳優になることに反対する。

 

幼いアキラは「じゃあ、うちの役者さんも、皆、幸せになれない?」と母親に尋ねる。

 

 

子役として順調に進み始めたアキラだが、順調にいっていたのは自分の才能と努力ではなく、元女優である母親の力であると早くに気づく。

 

 

それに気づいたアキラは3日間自室に籠り、出てこなくなってしまう。母親は「挫折は早ければ早いほうが良い」「あなたはこの手の贔屓や批判からは逃れられない」と部屋に籠ったアキラに声をかけ始める。

 

 

すると、部屋のドアが開き、アキラが出てくる。

 

部屋には世界の演技指南書が散乱。

 

アキラは3日間自室に籠り、演技指南書を読んでいたのだ。

 

して母親に向かって「母さん、分かったよ。僕に足りなかったのは努力だ」「誰にも母さんの七光りって言わせないくらいの、“本物の役者”になる!」と宣言する。

 



 

時は経ち、アキラは青年となる。子役時代に母親にした“本物の役者になる”宣言。劇団天球に呼ばれた際口にした「きっと皆さんに認められる芝居をするつもりです」という宣言。

 

「僕が決意を口にするのは、覚悟を決めたからじゃない。逃げ出しそうになる自分を、無理やりつなぎ止めるため」と自分を振り返る。

 

アキラは思う。

 

「僕の不幸は、君(景)には手が届かないと気がついていること」だと。

 

しかし、子供の頃から毎日芝居のことだけを考えて生きてきた。今更諦められない。

 

考えているうちに、アキラと七生の出番がやってくる。

 

七生から「出番だ。行くよ、アキラ」と声がかかる。
アキラは思う。

 

「母さん。僕の不幸は、僕の本当の不幸は…今ここにいる自分を、公開していないことだ」

 

アクタージュ【5巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

 

最期に アクタージュ 最新話ネタバレ

 

アクタージュ【42話】のネタバレ・感想を紹介しました。

アクタージュ【5巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

 

漫画の最新刊を無料で読む方法