週刊少年ジャンプで連載中の『Dr.STONE
2018年4月23日発売、最新の21・22号の最新話、第55話のネタバレ

 

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後──。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 空前絶後のSFサバイバル冒険譚、開幕!!

スポンサーリンク





『Dr.STONE』第55話のネタバレ

千空・クロム・マグマの洞窟探検がスタートする。

 



 

ゲンが千空が石神村からいなくなったことに、不気味な顔で喜んでいた。


 

洞窟内を進む3人。

 

クロムが千空にマグマを連れてきて大丈夫かと聞と

 

千空はタングステンを掘り出すためにはマグマの力が必要であることを教えてたが
リスキーであることは考えるだけ時間がもったいないとのこと。

 

進んでいるときに千空が2人を止める。

 

地面が雲母で出来ており、自然の落とし穴となっていた。

 

そこで突然マグマが千空に体当たりをする。


体当たりをした衝撃でマグマが落ちていってた。

 

千空がマグマの手を掴み助けようとするが

 

クロムは

マグマは穴に突き落とそうとしたから手を放せ

 

マグマが千空に嫌味を言っている時に一緒に落ちていってた。

 

穴の中でウロチョロしている千空にマグマが怒鳴った。

 

クロムが穴に水を流し、それにもマグマがさらに怒鳴!。

 

クロムは

穴に水が溜まれば泳いで脱出できるかもしれない

と水を入れていき

 

無理だというマグマに千空が悪くないと言い、考え始める。

 


考えがまとまり、クロムに工作を頼む。

 

クロムが工作をしている時にマグマと千空が話をする。

 

千空が

「科学文明じゃヒョロガリも筋肉雑アタマも必須だ。色んな奴がいる=強さなんだよ」

 

マグマが反論しようとしたところでクロムの工作が完成し、水が流れ始めた。


下から上に水が流れることに疑問を抱くクロムに対して、

小学生の化学サイフォンだ」と千空が答えるた。

 

水が溜まっていくが、
あと一歩のところで千空の体温体力が限界になってしまう。

 

そこで、マグマが千空のことをボスと認めて助け

 

千空とマグマが天然の落とし穴から脱出した。

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

『Dr.STONE』第55話の感想と次回予想

マグマも仲間にしたことでうまく落とし穴から脱出した。

千空が合理性重視なように見えて、しっかり人のことを見ているところも表現されていたと思う。

次回も探索が続くと思うが、ゲンが暗躍しようとしている描写があったので、冒険から戻ったら一悶着あると思われる。

 

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!